即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

カードローンで即日借入するためには

カードローンとは

スポンサーリンク


カードローン(=キャッシング)とは、ひとことで言えばお金の借り入れのことです。銀行や信販会社、消費者金融など、たくさんの業者がカードローン商品を取り扱っています。以前は、「キャッシング」といえば消費者金融のキャッシュディスペンサーからお金を借り入れ、数日後、あるいは1ヶ月後という比較的短い期間で一括返済するような形態のものをさしていましたが、現在はリボルビング払いによる返済に対応している業者がほとんどで、たとえば銀行でいう「カードローン」とほとんど変わらないものとなっています。

キャッシングが他のローンなどの借り入れと大きく違うのは、原則として無担保・無保証・目的自由なことです。たとえば住宅ローンを組む際には、通常購入した不動産を担保に入れます。キャッシングでは保証会社の審査に通る必要がありますが、それ以外には担保や連帯保証人が求められることはほぼないといってもいいでしょう。

キャッシングにはいろいろな方法があり、以前主流だった専用カードを持って金融機関のATMから借入金を引き出す方法だけではなく、最近ではインターネット上からの申し込みや専用電話番号への電話1本ですぐに自分の口座に振り込まれるという、誰にも知られずすぐお金を借入れる方法もあります。

そして返済はリボルビング払いを基本とし、返せるときに一括返済や増額返済も可能となっている業者がほとんどです。また、1週間ないし1ヶ月程度で返済する場合は利息がかからないという業者もあります。借りたお金をどのように使い、どのように返すかを考え、自分にあった業者を選択しましょう。

スポンサーリンク

即日借入するためには?

キャッシングを利用して即日借入を行う際には、様々な要素が必要になってきます。金利や限度額などは、利用する金融機関の形態はもちろん金融機関によっても大きく変化するものであるため、自分の利用しやすいと思った金融機関から必要な金額を借入することが必要不可欠な要素といっても間違いではないでしょう。そんなカードローンで借入をする場合に欠かせない要素の一つが、借入の申し込みを行ってからどれくらいの期間で実際に資金を融資してもらうことができるかということにあります。

キャッシングを利用するに当たって、借入を申し込んでから、実際に資金が振り込まれるまでにかかる時間の中でも、特に時間のかかるものとなるのが、その人に借入した金額を返済することができるだけの能力が備わっているかの判断を行うための、審査といわれる項目です。審査によってその人が返済するだけの能力を持っているかどうかを判断することは、キャッシングを展開している金融機関を経営していくためには欠かせない要素であり、とても重要な役割を担っています。

近年では審査にかかる時間をできる限り短くすることを目指している金融機関も数多く存在しており、そういった金融機関の中には、申し込みを行ったその日のうちに利用することができる即日融資ということを売り物にしているところも多く、申し込んですぐに借入ができるという点では利用しやすいキャッシングサービスの条件の一つと見ていいでしょう。
>>セブン銀行カードローンは少額融資ではあるが即日融資も可能である
>>バンクイックで即日融資を受ける方法はスマホで申し込んだ後、無人機で。最短40分間!

また即日借入を可能としているキャッシングを行っている金融機関の多くは、インターネットによる申し込みを行っているということも特徴の一つです。

銀行カードローンで借入

貸金業法が改正され、施行された結果、専業主婦がキャッシングを申し込んで審査に通るのはきわめて難しくなったといわれています。ですが、キャッシングやカードローンを取り扱う全ての業者で通らなくなったかといえば、実は専業主婦でも申し込みが出来るところがあるのです。

それは銀行のカードローンです。信販会社や消費者金融は、貸金業法の適用を受ける業者ですので、改正貸金業法の総量規制も適用されます。つまり専業主婦は配偶者貸付を利用するか、あるいはそもそもその業者の方針で利用できないのですが、銀行は貸金業法の適用を受けません。もちろん、銀行独自の審査に通る必要はありますが、専業主婦でキャッシングをしたい場合、狙い目は銀行のカードローン一択です。 >>専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンでしかお金を借りられません


たとえば楽天銀行やイオン銀行では、専業主婦からの申し込みも受け付けています。楽天銀行は、サイト内に専業主婦専用の申し込みページもあります。じぶん銀行など、ネットバンクでは比較的専業主婦でも借りられるところが多いようです。

意外なことに、大手メガバンクのカードローンも申し込みが出来るところがあります。たとえば三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行は、「本人に収入がなくて配偶者に安定した収入がある場合」という要件があり、専業主婦(主夫)も利用できます。地銀でも様々なサービスがあります。お住まいの地域の地銀を調べてみましょう。

ただ、銀行でお金を借入れるならば、やはり今までの信用情報で事故がないことが要求されます。そういう方面での審査は他業種より厳しいでしょう。必要に備え、いろいろと調べておきましょう。

消費者金融で借入

消費者金融というと、以前はサラ金と呼ばれて、過剰な取り立てなどの報道があったりして何となくダーティーなイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。ひょっとしたら、お金を借りたいときに最後に行き着くところと考えている人もいるかもしれません。ですが、昨今は法律での規制がずいぶん強化され、利子や回収についても改善されて、大手ですと銀行や信販会社並みのサービスがあるところもあります。

消費者金融は個人向けの現金の貸付に特化した企業ですので、それぞれいろいろな特色を持っています。女性ならではの目的別ローンがあったり、借入後30日以内の返済ならば無利子ですんだり、他にもいろいろなサービスがある業者もありますので、自分にあった業者を見つけられたらいいですね。

ただ、消費者金融は貸金業法の適用を受ける貸金業者ですので、やはり総量規制の対象になります。もちろん配偶者貸付が利用可能であればいいのですが、信販会社と同じく、専業主婦は申し込みすら出来ないという業者の方が圧倒的です。お勤め先がある人という条件がある業者ですと、自営業をしている主婦でも申し込みを受け付けてもらえないでしょう。

ただ、中小をよく探せば、専業主婦も相談に応じるという会社もあります。あまり聴いたことのない名前の企業でも、しっかりした経営を行っているところはあります。もし不安ならば、金融庁のホームページから国に登録している業者を全部確認できますので、そこを見てから申し込みましょう。

信販会社で借入

ジャックスなど、一般的に信販会社といわれる企業は貸金業者ではありませんが、クレジットカードのキャッシング機能を提供したり、独自のカードローンを提供する場合は、その業務に限り貸金業法の適用を受けます。ですから、私たち消費者が信販会社のキャッシングを利用する場合は総量規制がかかります。

専業主婦の場合、総量規制の例外で配偶者貸付という規定が適用されるので、法的には全く借入が出来ないというわけではありません。しかし、実情として、専業主婦が信販会社のローン専用カードの入会申し込みをしようとしても、どの信販会社でも申し込み要件すら満たさないので出来ないというのがほぼ現実でしょう。貸金業法が改正された背景のひとつに、専業主婦が夫に内緒で借りることで返済不能に陥り、家庭崩壊を招いた実例が多かったこともありますから、配偶者の同意があったとしても実際に貸付を行うのは企業にとってはリスクになります。

主婦といっても、安定かつ継続した収入がある人ならば申し込みは出来るので、働いている兼業主婦ならば正社員かどうかにかかわらず、基本的には申し込みが出来ます。ただ、勤続年数や年収額に制限を設けている会社も多く、短期の派遣やパートを繰り返していたり、扶養内のみの場合ですとそういった要件に届かない場合があります。ある程度勤続していれば、源泉徴収票が手元にあったり、なくても自治体から所得証明がとれるので、そちらで確認しましょう。

スポンサーリンク


北海道銀行でお金を借りる~ラピッドは審査回答25分なので即日キャッシングも可能


スポンサーリンク

北海道銀行のカードローン「ラピッド」

北海道銀行のカードローン「ラピッド」は、幅広い層の方が利用できるサービスです。地方銀行のカードローンというと、勤務地や居住地によって利用地域が制限されていたり、その銀行の口座を開設していることが必要なケースがありますが、ラピッドは全国からの申し込みが可能で、北海道銀行との取引が無い方でも利用できます。
 
また、ラピッドは、安定した収入があるパート・アルバイトの方、ご主人がお勤めされている専業主婦の方、年金受給者の方も申し込めます。
 
年齢制限は、以前から満20歳以上70歳未満と広めに設定されていましたが、平成27年12月21日より商品内容が改定され、年齢の上限が満75歳以上に引き上げられています。その結果、高齢者でお金を借りることを検討している方にとって、より利用しやすくなっています。
 
 

「ラピッド」のメリット

ラピッドの金利は年2.0%〜14.95%、利用限度額は1〜800万円(パート・アルバイト・主婦の方は利用限度額10万円)です。同じ借金をするのなら、少しでも金利の低いサービスを選択したいところですが、消費者金融の上限金利の相場18%と比較するとお得に利用でき、銀行の安心感、総量規制の対象外といったメリットもあります。また、銀行カードローンの上限金利の相場は15%なので、そちらと比較しても遜色ない水準です。
 
返済については、35日ごとか、毎月指定日に返済する方法を選択できます。返済額は、借入残高が10万円増すごとに変動しますが、借入残高が10万円以下の場合では最少返済額は2,000円です。月々の負担が軽い分、柔軟な返済計画をたてることも可能です。
 
 

「ラピッド」の申し込み

ラピッドの申し込み方法は、インターネット、電話(フリーダイヤル)、郵送・FAXがあります。インターネットと電話は24時間365日対応しているので、場所・時間を問わず申し込みが可能です。
 
用意する書類は本人確認書類として運転免許証のコピー・健康保険証のコピー・パスポートのコピー・外国人登録証明書のうち、いずれか1点が必要です。書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には、補足資料も必要になるので、確認しておいた方が良いでしょう。500万円超の借入限度額を希望する場合には収入証明書類も必要になります。
 
ラピッドは、銀行カードローンとしては珍しく、最短で即日融資にも対応しています。お急ぎの方は平日13時までに申し込みをすれば、指定銀行口座への振込が可能です。

 

地方銀行、信用金庫、その他金融機関

静岡銀行カードローン「セレカ」でお金を借りる~インターネットで申込は完結する


スポンサーリンク

静岡銀行のカードローンについて

地方銀行である静岡銀行が提供するローンであるセレカの特徴ですが、まず全国から申込を行うことが可能です。一般的な地方銀行のローン商品は、申込条件の中に、その地方近郊に住んでいる人を対象としているものが多いですが、静岡銀行の場合にはその条件がありません。
 
銀行の商品ですから、金利も低く金額に合わせて4%から14.5%となっています。借入の金額は10万円から500万円までとなっており、派遣社員やアルバイト、主婦の人でも条件を満たすことで50万までお金を借りることができます。審査時間は最短で30分となっていて、結果は早めに知ることが可能です。
 
また即日融資にも対応しており、急いでいる時にも利用できます。ATMを利用する場合、入金は基本的に無料ですが、出金は手数料が発生する場合があります。
 
 

静岡銀行カードローンの利点について

銀行のローンは融資までに時間がかかるものが多いですが、その点静岡銀行のローンは即日融資に対応しています。ローンの手続きの際は、静岡銀行の口座が必要となります。しかし、この口座がない場合でも審査後に口座を開設してくれるので、手続きの時に口座がなくても即日融資を受けることが可能です。
 
またもう一つのメリットとして、新規で契約を行う場合に、利息のキャッシュサービスを受けることができます。期間限定のサービスではありますが、契約日から最大で45日間の借入利息についてキャッシュバックをしてくれます。100万円以上の大きな金額を借りる場合には、利息分も大きくなるので、非常にメリットのあるサービスです。
 
また、返済期日は毎月10日となっており、この日付を選ぶことはできません。
 
 

静岡銀行カードローンの申込と審査について

申込の方法は、大きく郵送とインターネットに分かれています。インターネットで申込を行った場合には、審査後の契約についてもネットを通して行います。
 
また、即日融資を希望する場合はインターネットで申込を行う必要があります。その際、運転免許証が必要となるので、持っていない場合には即日融資はできません。郵送で手続きを行いたい場合には、申込書を支店に取りに行くか、電話で資料請求をします。
 
審査については、消費者金融よりは厳しく都市銀行に比べるとやや優しいといわれています。借金や過去の借入に問題がある場合には、契約手続きは難しいかもしれません。
 
返済方法についてですが、口座からの引き落としまたはATMから返済、インターネットバンキングを利用する方法から選ぶことができます。

 

地方銀行、信用金庫、その他金融機関

1 2 3 35