即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

主婦お金借りる~専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンでしかお金を借りられません


スポンサーリンク

カードローンで借りられるのか

カードローンというとどのような人が借りているのをイメージするでしょうか。20代から30代位のサラリーマンが多く利用しているというイメージを持つ人は多いでしょう。あるいは、若い女性がよく使っているというイメージを持つ人も多いでしょう。
 
イメージはそれぞれで異なりますが、実は最近になって主婦でも利用する人が増えてきているようです。主婦でもお金が必要な時もありますから、その時には借りるのが妥当な方法です。
 
主婦は借りられないと言われた時期が長かったために、そのイメージを持ち続けている人も多いでしょう。しかし、最近では借金をしやすくなってきていますから、すべての主婦が簡単に借りられるということはないのですが、かなり借りやすくなってきています。
 
もちろん、働き盛りのサラリーマンと同じような感じで審査に通るわけではないという点に注意が必要です。
>>パート主婦がブランド品欲しさに消費者金融ビアイジでお金を借りた
 
また、同じような金額を借りられるとは考えるべきではないでしょう。しかし、日常生活の中で必要となる資金くらいなら、なんとか借りられるケースも多くあります。例えば数万円から数十万円くらいなら、それほど審査は厳しくないようですから、主婦でも利用しているのです。
 
 

主婦と言っても種類がある

主婦と言っても、専業主婦とそうではない人とで大きな違いがあります。収入がある人の場合、主婦として特別に扱う必要はありません。消費者金融であっても銀行であっても、安定した収入があるということを条件としていることが多いです。
 
ですから、パートで収入があったり、あるいは普通に働いていて収入があったりする主婦の場合には、アルバイトの人が借りるのと同じような感覚で審査が行われると考えられます。
>>プロミスはパート主婦であれば借入申込OK!即日融資も可能
 
問題となるのは専業主婦です。収入が全く無い専業主婦の場合、「安定した収入」ももちろんありません。そのために、金融業者が貸してくれないこともありますから注意が必要です。
 
銀行よりも消費者金融のほうが審査は甘いというイメージを持つ人はたくさんいるのですが、実は専業主婦に限って言えば、消費者金融よりも銀行のほうが借りやすいという特徴があります。
 
その理由は、消費者金融には法律による制限が厳しいために、専業主婦に対しては融資を行いにくいのです。その法律が貸金業法です。銀行は貸金業法の規制を全く受けませんから、専業主婦にでも融資を行いやすいです。
>>専業主婦が旦那や家族に内緒でキャッシングするには銀行カードローン
 
貸金業法の中に定められている総量規制については理解しておきましょう。
 
 

総量規制の影響を避けるには

総量規制とは、融資金額を制限する規制です。具体的には、年収の3分の1までしか融資を行ってはいけないということになっています。一部の例外はあるのですが、原則が年収の3分の1となっています。
 
専業主婦の場合、収入がないのですから、消費者金融が融資をして良い金額が0円になります。つまり、融資を行うことはできないのです。法的には、専業主婦は消費者金融から借りられないことになります。
 
銀行はというと、このような規制が適用されませんから、専業主婦に対して融資を行うことができます。
 
具体的に言うと、アコム、アイフル、プロミスなどは消費者金融ですから専業主婦は借りられません。レイクは新生銀行のサービスですから銀行のカードローンです。したがって専業主婦でも借りられる可能性があります。他にも三菱東京UFJ銀行のバンクイックや、三井住友カードローンなど、銀行が提供しているものなら専業主婦でも借りられる可能性があります。
 
専業主婦が借りようと思った場合には、申し込みをするのなら銀行に絞られてきます。ただ、専業主婦の場合には、借りられても限度額は小さいです。30万円くらいまでだと考えておくほうが良いでしょう。



スポンサードリンク


 

タグ :

abc 主婦・専業主婦

この記事に関連する記事一覧