即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

車に乗るときの様々な選択肢~自動車ローンで購入、カーシェアリング、カーリース等


スポンサーリンク

マイカーローンの選び方

車を購入するとき、現金ですぐに購入することができれば良いのですが、すぐに資金が集められない場合はマイカーローンを契約するという選択肢もあります。
 
マイカーローンは普通のフリーローンと比べると金利が低くなっています。それは目的があるローンであり、フリーローンと根本的に違うのは、極度型ではないという点です。極度型というのは限度額内であれば繰り返し何度でも利用することのできるローンのことです。マイカーローンは最初に見積りを出し、お金を借りた後は返済専用となります。
 
ディーラーのローンであれば車の所有権は信販会社になり、銀行のローンであれば車の所有権は持ち主になります。購入する場合は車種も自由に選択することができますが、あまりに高額であったり収入が低い場合はローンの審査が下りずに購入することができなくなることもあります。
 
年収におけるローンの年間返済額は35%以下が適正とされています。
 
 

マイカー以外の選択肢

車を持つことのデメリットとしては、維持費がかかるということです。定期的に車検が必要になりますし、駐車場代もかかります。また税金も支払わなくてはなりません。都心部に住んでいる場合、近場での移動は車よりも公共交通機関のほうが安く済むことも多く、車を持っていると引っ越しも大変になることがあります。
 
そこまで利用しないのであれば、カーシェアリングやカーリースという選択肢もあります。カーリースには車検や税金も料金に含まれているので、別途費用がかかる心配もなく、長期でのレンタルも可能です。滅多に利用しないのであればカーシェアリングやレンタカーにすると良いでしょう。
 
参考:
カーシェアリングとは
http://plus.timescar.jp/about/what.html
 
ローンとリース、車を持つならどちらがお得?
http://allabout.co.jp/gm/gc/12174/
 
最近ではカーシェアリングが人気で、1時間の利用であれば1000円以下で借りられるものもあります。しかし車種を選択できなかったり、借りたいときに借りることができないこともあります。予約することである程度は自由が利きますが、そういう手続きが面倒だという人にはあまり向かないこともあります。
 
 

車を所有していることと借金の審査

車は高額な資産とみなされます。そのためマイカーを持っていると担保にしてお金を借りることができるようになります。担保がある場合、無担保の信用のみの契約と違って審査に通りやすくなります。また金融機関側のリスクも小さくなるため、金利が低く設定されます。しかし車担保ローンには大きなデメリットも存在します。
 
まず査定に手数料がかかる場合がある点です。査定額も安く設定されることがあり、もし支払いができなくなってしまった場合には安く担保が差し押さえられてしまいますので、支払いには気をつけていかなければなりません。
 
ただし車を担保にしない場合でも、カードローンの申し込みなどで自家用車の有無を報告する場合があります。その場合資産があると判断されるため、それだけでカードローンの審査に通りやすくなります。
 
車はコストのかかってしまう資産ではありますが、所有していることによるメリットもあります。どのくらいの頻度で使うか考えた上で、購入するかどうか決定すると良いでしょう。
>>自動車を担保にしてお金を借りる~悪徳業者は多いので、よく調べてから自動車担保ローンで借りる

 

各ローン 自動車ローン

自動車を担保にしてお金を借りる~悪徳業者は多いので、よく調べてから自動車担保ローンで借りる


スポンサーリンク

手軽に利用できる有担保ローン

担保をお持ちでない方には、有担保ローンは馴染みがないローンかもしれませんが、自動車担保ローンならクルマをお持ちなら利用できます。
 
有担保ローンは審査が厳しいと思われていますが、担保を設定する理由は信用力の向上なのです。信用力の低い方ですと、担保なしでは借りられない可能性が高いです。そのような方にとって、自動車担保ローンは非常に使いやすいローンです。
 
ただし、貸金業者の中では数少ない存在なので、ヤミ金の可能性もあります。事前に業者情報をよく調べてから借入するようにしましょう。完済後に担保の返還を受けられないようでは困ります。
 
 

健全な貸金業者かどうか

お金を借りる前には、健全な業者か調べる作業が必要です。
 
特に自動車担保ローンに関しては、悪徳業者の割合が高いのでよく調べておく必要があります。最低限の確認事項としては、貸金業登録がされているかどうかです。登録業者検索は金融庁のWEBサイトで行うことができます。
 
(参考)登録貸金業者情報検索入力ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/
 
担保を設定するという性質上、少しでも怪しい業者だと思ったら利用するのはやめましょう。自社のWEBサイトを持っていない業者もリスクが高いです。健全な業者ほど自社情報を詳細まで掲載しているものです。WEBサイトを持たない、電話帳にも掲載されていない、などの業者は危険です。
 
 

担保となるクルマの価値を知ろう

自動車担保ローンは担保の価値に応じた融資を受けられます。担保としての査定額が低いと、借りられる金額は少なくなります。ここで注意したいのは、返済できない可能性です。
 
もし延滞をして完済できない状態になれば、担保を失うことになります。最悪のケースを考慮するなら、少しでも高く手放したいと思うのは当然でしょう。
 
愛車の担保としての価格が妥当かどうか調べるには、中古車買取の情報誌やサイトが役立ちます。大まかな相場を把握しておき、あまりに安い査定額を提示された場合は借りるのは避けたほうがいいでしょう。クルマを手放すつもりならば、高く売却してお金にする手もあります。
 
(参考)車買取・中古車査定-価格コム
http://kakaku.com/kuruma_kaitori/

 

各ローン 自動車ローン

学生ローン(学ロン)は成人しててバイト収入があれば、審査には可決する?


スポンサーリンク

急な出費に便利な学生ローン

大学生や専門学校、短大などの学校に通い始めると、高校性の時と比較してお金が必要なケースが増えて来ます。学校生活を楽しむためのサークル活動やコンパなどは大学生や短大生、専門学校生などの楽しみのひとつですが、これらのイベントに参加するためにはお金が必要となります。
 
生活費などは親の仕送りが在ったとしても、イベントに参加する費用まで親に頼れない、親に負担をかけたくないと言う学生さんも多くいます。
 
学生ローンは成人を迎えている学生が利用する事が出来るカードローンで、少額の金額ではありますが、利用可能額の範囲でATMを利用して現金を引き出し借りる事が出来ます。
 
急な出費の時に便利なローンであることからも、学生ローンを利用する学生さんも少なく有りません。学生ローンは借金を持つ事になるので、支払いが出来る事が条件となります。
 
支払いと言っても親に支払いを依頼するのではなく、自らの返済能力を利用して支払いを行うと言う事からも、アルバイトをして収入が在ることが条件となると言う事です。
 
申し込みをする時には、学生証や運転免許証などの本人確認書類が必要になります。学生ローンの中には親の承諾書が有れば18歳以上から申し込みが出来るケースも有ると言われています。アイシーローンは、未成年でもお金の借入れは可能であります。
 
(参考)アイシーローン
https://www.ic-loan.co.jp/
 
 

学生ローンの申し込み条件について

学生ローンを申し込みが出来る人と言うのは、学生であることが条件となります。但し、学生と言っても専門学校生、短大生、大学生などで高校生は申し込みが出来ません。これは学生ローンが未成年者を対象外としているからなのです。
 
しかし、学生ローンの中には18歳以上の学生を対象としているローンもありますが、この場合は親の承諾書が必要になると言った特徴を持ちます。18歳から20歳にかけての年齢と言うのは親権者により守られているので、返済が出来なくなった時は親が代わりに支払いをすると言う事になります。
 
因みに、未成年者と言うのは親権者が存在している状態を意味しており、結婚している18歳と言うのは成人の扱いになると言われています。結婚している場合は自らが責任を負う必要があるわけですが、独身の18歳は未成年者と言う事からも、学生ローンが利用出来る条件として親の承諾書が必要になると言う事です。
>>収入のある未成年はお金を借りれる?キャッシングできる条件とは?
 
しかしながら、一般的には20歳以上の成人に対して融資を行うのが学生ローンであり、アルバイトをして収入を得ている学生が申し込みをする事が出来ると言う事です。
 
アルバイトと言っても朝から晩まで働くというのではなく、学校に通いながら週に2~4日のアルバイトをする事で収入が在るとみなされます。
 
 

学生ローンも信用が大切です

一般的なカードローンの審査は信用を中心にチェックして融資を行うか否かが決まりますが、学生ローンにおいても同じで、他社からの借入が無いか、と言ったことが重要視されます。
 
アルバイト収入と言っても、学校に通いながらの収入となるので、他社からの借入があれば支払いが困難になると考えますので、借金がある場合は審査に通過する事は難しくなりますし、信頼度も下がることになります。
 
また、他社借入があっても支払いをきちんと行っていればまだしも、個人信用情報に遅延が記録されていれば信頼度を下げてしまう事になり、融資を断れてしまいます。
>>個人信用情報について~虚偽の申告でキャッシング審査に挑んでも、すぐ嘘はバレる
 
因みに、学生が利用出来るカードローンの中には消費者金融や銀行などの個人向けローンも用意されています。この個人向けローンは学生ローン会社のローンとは異なり、金利が低い事や利用限度額が高めに設定されているのが特徴で、アルバイトをしている学生、パートをしている主婦などが申し込み可能になっています。
 
カードローンは必要な時にいつでもATMで現金を引き出して借りる事が出来る利便性が有りますので、使い過ぎてしまうと言うリスクが有るため、アルバイトの収入だけできちんと返済が出来るような借り方をする事が大切です。

 

各ローン 学生ローン

事業融資を借りる場合は銀行かノンバンクか~基本フリーローンでの借入は事業性資金不可


スポンサーリンク

事業資金を銀行から借りる場合

事業資金の調達をするとき、多くは銀行から融資を受ける形になります。
 
そのとき、大きく分けて保証付き融資プロパー融資のどちらかの融資を選ぶことになるでしょう。中小の企業で借入が初めての場合、プロパー融資は条件が厳しく保証付きの融資を受けるパターンが多くなります。
 
一方、プロパー融資とは信用保証協会をはさまずに、直接銀行からお金を借り入れる融資のことです。
 

プロパー融資とは?
銀行が行う融資には信用保証協会の保証付融資とプロパー融資の2種類があります。保証付融資とは信用保証協会に保証人になってもらってから受ける融資のことです。
 
引用元:http://shikin-pro.com/guide/1109

 
保証付き融資は、融資額に条件があり保証料も発生してしまうので、できれば選択したい融資方法ではありません。しかし、まだ新しい会社であったり規模が小さいと、事業資金を受ける選択肢としては保証付き融資となります。
 
借入の希望額は3000万円程度と、比較的小さな金額であればビジネスローンと呼ばれる事業融資を選択できる可能性もあります。企業向けの融資を行うビジネスローンは銀行によって商品の内容が異なりますが、メガバンクや地方銀行でいくつか扱っています。
 
基本的には地方銀行のほうが、審査に通りやすく、中小に企業でも融資が受けやすいといえます。
 
 

銀行のビジネスローンについて

大手のビジネスローンに一例として、三菱東京UFJ銀行の融活力という商品があります。
 
決算書を2期分提出することや、最新の決算において債務超過がないことなどが申込の条件となっていて、事業で使用する資金として使うことが可能です。最大で5000万円までの融資を受けることができ、原則として担保が不要となっています。金利は2.35%から9%で、保証人は代表者です。
 
地方銀行の行っているビジネスローンとしては、千葉銀行の商品があります。大手の銀行に比べると、最大の融資額は3000万円とやや少なくなりますが、それでも担保不要で借りることができる額としては十分な金額です。金利は3.25%からの変動金利制で、保証人は代表者ですから、会社と社長さえいえば審査の申込ができます。
 
審査にかかる時間も3日程度と、個人向けのカードローンと同程度のスピードで結果を知ることができます。
 
銀行の融資は信用度が大きく影響しており、借金を返す見込みがあるかどうかが非常に重要です

銀行ビジネスローン(無担保型)

・関西アーバン銀行 アーバンフリーローン(300万円)
・紀陽銀行 紀陽オーナー300(300万円)
・中京銀行 事業者向けフリーローン「はやわざ-α」(300万円)
・都留信用組合 即銭力(300万円)
(※限度額)
 
 

銀行や消費者金融のカードローン

1000万円以上の融資ではなく、小さな企業の場合には100万円程度の借入を行いたい場合もあるでしょう。
 
その場合、銀行のローンを利用すれば融資をうけることができそうですが、基本的に銀行カードローンは事業用の用途での資金利用を認めていません。金利も低く、利用できればかなりメリットがありますが、個人向けの無担保融資という性質があるので、事業用としての利用は行うことができないのが現状です。
 
一方、消費者金融の場合には、事業用の用途でお金を借りることを可能としているところが多くあります。
 
関連記事:
>>個人事業主や自営業者も借入可能な福岡の消費者金融「しんわ」
>>個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある
 
プロミスやアコムなど大手の消費者金融では、事業目的の借入ができるところもあるようです。しかし、初期の借入の限度額は少額になってしまうので、大きな金額を借りたい場合には時間をかける必要があります。
 
契約期間や返済に実績を積み上げることで、100万単位の借入が行えるようになります。最初から大きな額で融資を受けたい場合には、銀行や信用金庫が選択肢として考えられます。

 

各ローン ビジネスローン

中央リテールのおまとめローンは無担保・無保証人でお金を借りれ、しかも総量規制対象外


スポンサーリンク

多重債務の恐怖を中央リテールで解消

現在では無人契約機やインターネットで簡単に申し込める、カードローンなどのキャッシングサービスがたくさん存在します。パートやアルバイトの学生や主婦、場合によっては専業主婦でもお金を借りることができるほど、審査がやさしいサービスが揃っています。
 
手軽なため、つい借金を繰り返してしまうものですが、その先に待ち構えているのが、多重債務の問題です。
 
多重債務とは、複数の会社から借金を重ねるというもので、それぞれの借入額が数万円であっても、数が多ければ次々に借金が膨らんでしまう恐怖が待っています。
 
借入額が多くなり、利息の支払いに困窮するようになった時に、救いとなるのが、中央リテールという消費者金融です。ここでは他社の借入れを一つにまとめられる、おまとめローンを取り扱っています。
>>複数の借入件数や借金の支払総額を減額したい場合はおまとめローン
 

中央リテールのおまとめローンの内容

中央リテールで利用可能なおまとめローンは、融資額が最大で500万円、金利は10.95%~13.0%、返済期間は最長で10年、120回払いまで対応しています。
 
保証人や担保は一切不要で、提出書類として、運転免許証や保険証などの本人確認書類、源泉徴収票などの収入証明書、そして印鑑と現在借り入れしている明細書やカードを用意します。
 
基本的に消費者金融は総量規制の対象になりますので、年収の3分の1を超える借入ができません。しかし、中央リテールのおまとめローンの場合は、総量規制対象外の商品に含まれますので、多額の多重債務に陥っている人でも利用できる可能性が高くなっています。
 
おまとめローンは大手の銀行などでも中央リテールより低金利で実施していますが、審査が厳しいため、中央リテールのほうが利用しやすいメリットがあります。
 
 

債務整理できるから心配はいらない?

中央リテールのおまとめローンを利用したとしても、借金には変わりはありません。そのため、支払いの負担を減らせる債務整理のほうが今ある現実から逃れられると考える人も多いでしょうが、債務整理はそこまで甘いものではありません。
 
債務整理を行うと、今ある借入額が減らせたり、返済の義務から開放される可能性があります。しかし、弁護士などの専門家に依頼しなければ解決が難しく、依頼する費用が数万円から数十万円もかかる例が多くあります。
 
ブラック認定され、今後の借入も難しくなることから、まだ返せる余地が残されているのなら、中央リテールのおまとめローンできちんと返済するのが、メリットがある場合もあります。
 
借入を1社にまとめられるため、月々の返済額を抑えることができるばかりか、管理がしやすくなり、返済を忘れるリスクが減ります。

 

タグ :

各ローン 借換・おまとめローン 地方銀行、信用金庫、その他金融機関

多重債務を一本化するおまとめローンを契約する場合、最低年収は200~300万円以上


スポンサーリンク

審査の鍵は年収にあり

おまとめローンは何らかの事情で発生した複数の債務を一つにまとめてローンの一本化を行うことを目的とするローンです。
 
その結果、金利が下がり返済時の負担が軽減されるのが最大の魅力ですが、その分だけ大きな借入金額となりますのでその借入金額に見合う収入があることが求められます。
 
一般的な基準としておまとめローンの契約を行うためには少なくとも年収にして200万円以上があることを必要としています。金融機関によっては最低基準を300万円に設定しているケースもありますので、このくらいの収入がない場合には契約自体が困難であると考えておく必要があります。
 
大きな金額の借り入れを行うためにはそれに見合う収入が必要になるというのが金融機関から借り入れを行う場合の基本的な条件であると言えるのです。
 
消費者金融系の場合には貸金業法の総量規制も関係してきますので、年収の3分の1以上の融資が出来ないケースも出てくるでしょう。そのため、かなり少額のおまとめローンでない限りは200万円前後の収入では審査に通りにくいという状況になると考えられます。収入はこの様な形で契約の可否に関係してくる重要なポイントであると言えるでしょう。
 
 

契約におけるの年収以外のポイントについて

大きな金額の借り入れを行うおまとめローンの契約には最低限200万円以上の年収が目安となりますが、その基準を満たせばそれで十分ということにはなりません。
 
このローンの審査は一般的にカードローンなどの審査に比べると厳しいものであると言うことが知られています。誰でも簡単に利用することが出来るサービスであるとは言えない側面を持っていることでも知られています。
 
審査に影響するポイントとしては現在の借入件数借入金額が大きく影響するでしょう。もし現在5件以上の借入がある場合には基本的に審査の通過は困難と言われています。まずは地道に借入件数を減らす努力が必要です。
 
複数の借入を並行して行うことはそれだけで信用が得られなくなってしまうのです。
 
また過去数ヶ月間に返済の遅延があった場合にも審査には厳しく影響します。もしもおまとめローンを使って返済の負担を少しでも少なくしたいと考えているのであれば普段から返済の不履行が無い様に着実に返済を続けてきていることが求められるでしょう。
 
契約に関係が深い収入以前に、この様なポイントでも審査が行われるということを意識した返済を行ってきていることが非常に重要なことであると言えるでしょう。
 
 

年収が低い場合の注意事項

殆どのおまとめローンでは200万円以上の収入を一定の基準に設けていますが、状況によっては仕事の安定性があれば信頼性があるという判断が行われて融資を受けることが出来るケースも存在しています。
 
とは言っても、収入に応じた上限金額までの融資が基本となります。それでも多少なりとも利息が軽減されるのであればメリットがあると考えることもできるでしょう。
 
一般に銀行系のおまとめローンは金利が低く人気がありますが、その反面で収入条件が厳しく審査される関係にあります。そのため年収が低い場合には銀行系の契約が難しいと言えるでしょう。
 
そのため銀行以外のサービスの中から検討して行く必要性に迫られるのですが、その様な条件の債務者、特に多重債務者を対象とした悪徳業者も存在していますので特に注意が必要であると言えます。
>>ソフト闇金も闇金と同じ~甘い審査に誘われてもお金を借りる事は絶対に避けること
 
クレジットカードやキャッシングとは異なり、おまとめローンの契約は貸したお金が回収できる見込みがないのに快く貸してくれるケースはありません。全く事情が異なってきますので、あまりにも条件の良い甘い勧誘があった場合には悪徳業者のサービスである可能性も考慮に入れてだまされない様にする心構えも重要になってきます。

 

各ローン 借換・おまとめローン

個人事業主や自営業者も借入可能な福岡の消費者金融「しんわ」


スポンサーリンク

個人事業主へのサービスに特化したしんわ

個人事業主の場合だと、キャッシングローンなどの審査が厳しくなる傾向にあるといわれています。資金をうまく回していくのが大変な個人事業主ですが、そういった人を対象として専用のローンを組めることがしんわの最大の特徴です。
>>個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある
 
株式会社しんわの設立は昭和42年で、そこそこの歴史があります。福岡に本社があり、大阪などでも店舗をもっています。中堅の会社ではありますが、ホームページもきちんとしていて信頼性が高いといえます。
 
有名なコンビニやATMと提携を行っているので利便性もよく、場所によっては近所のコンビニで返済することも可能です。
 
契約に関しては、申し込みから即日でお金を借りることができたり、他の消費者金融で断られた契約でも、手続きが完了できる場合もあります。
>>キャッシングでお金を借りる際、審査に落ちる人はどんな人?
 
 

事業主専用キャッシングについて

通常、個人事業主はそのリスクの高さから、キャッシングローンを組むためのハードルが高いのが現状です。契約をするための審査で重要な項目は、収入が安定していて返済がどの程度期待できるのかという部分です。
 
その点で個人事業主は、儲かっている時の利益はサラリーマンなどに比べて多いかもしれませんが、経営が上手くいかなくなって借金が返済できなくなるリスクも抱えています。
 
ですから、貸す側から見ると収入が不安定であると見ることができ、公務員などの安定している職業に比べて審査が厳しくなる傾向にあります。
 
しんわは事業主専用のキャッシングがあり、その融資額も1000万円までと、上限が高い金額に設定されています。金利は、7.0%から18.0%で事業主が契約しやすい商品です。
 
 

個人向けキャッシング

しんわは個人向けの契約も充実していて、その特徴としては対象年齢が20歳から70歳までと年齢の幅が広いということです。借入額は300万円まで借りることができ、収入が年金だけの人であっても対象者となります。
 
ホームページがわかりやすく、申し込みもパソコンで行うことができます。電話やFAXも対応しているので、自身の環境に合わせて手続きを行うことが可能です。
 
インターネット上で仮の審査を行うことも出来るので、お金を借りることができそうか試しに確認をすることもできます。申し込みの手続きを行ってからは、営業の方と一対一で契約内容の相談ができます。機械による一律の手続きと違って、疑問点などを解決しながら話を進めていくことができるので、この点も魅力的といえます。

 

各ローン ビジネスローン 地方銀行、信用金庫、その他金融機関

個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある


スポンサーリンク

法人向けで即日融資が可能な消費者金融が増えてきた

以前は即日融資可能な法人向けの消費者金融というのは非常に少なく、あったとしても審査が厳しく中々借り入れが出来なかったり、できたとしての金利が非常に高いなど条件面で厳しいものが多かったのです。
 
しかし近年では法整備やネット環境が整備された事により、申込みが簡単で条件面でも以前ほど厳しいものではない法人向けの消費者金融が増えてきました。
 
現在のこのような法人向けの即日融資可能な消費者金融と言えば、プロミス・アコム・アイフルなどが挙げられます。
 
どの金融機関も一度くらいは名前を聞いたことがあるほど知名度の高い大手の金融業者ですね。この中で例えばアコムであれば楽天銀行の口座を持っていればいつでも申込みが受理されてから大体1分ほどで融資されるほどの早さでネットでのみの申込みで完結し、無人くんと呼ばれるサービスを利用するれば借金に関する書類が自宅に届くことがないという徹底ぶりです。
 
これらは他の即日融資可能な大手金融機関でも行われているサービスで個人向けの融資においても利用できる特徴です。
 
アコムにはこれ以外でも法人向けの消費者金融として特化した商品があり、このビジネスサポートカードローンというサービスが特徴的です
 
 

ビジネスサポートカードローンとは何か

アコムは個人向けの金融業者としても即日融資が可能でサービスも充実していますが、このビジネスサポートカードローンという法人向けの商品が非常に便利で特徴的です。
 
単なる個人向けの消費者金融として利用するつもりならば他の金融業者でも十分なサービスが受けられますが、法人として金融業者を利用するつもりであれば、アコムのビジネスサポートカードローンを利用するのが良いでしょう。
 
このビジネスサポートカードローンは個人事業主の場合であれば年収の三分の一を超す金額であっても融資が可能で、普通のカードローンと変わらず、限度額内の利用であれば回数は何回でも融資可能で法人を対象にしたローンであるにもかかわらず即日融資も可能になっています。
 
本来であれば総量規制という法律によって銀行ではない金融業者では年収の三分の一を越えた融資は不可能なのですが、このアコムのビジネスサポートカードローンであれば、本来銀行との取引でしか実現できなかった年収の三分の一以上の融資が可能になる点は本当に便利で、他の点を無視してもこの特徴のみでアコムのビジネスサポートカードローンを選ぶ価値があると言っても過言ではないのではないでしょうか。
 
 

安全面や金利などはどうなっているか

ここまではアコムのビジネスサポートカードローンの便利な点のお話でしたが、ここまで便利だと金利面がかなり高くなるのでないかと言って心配をされる方もいるでしょう。この金利に関しても以前はかなり高い時もあったようですが、ここ最近では20%を下回り18%前後で落ち着く位の金利となっています。
 
昔は返済が滞ると取り立て業者が自宅にやってきて怖い思いをしたなどという話もありましたが、現在の大手金融業者でそのような取り立てを行っている場所はほとんどありません。
 
個人情報などの取り扱いやネット上での利用による安全面に関しても、業者事態の信用問題にかかわる部分なのでセキュリティー関連のガードに関しては業者でもトップクラスであると言われています。
 
このようなアコムですが、申込みに関して注意しなければいけない点があります。その一つが、申込み時に嘘の情報を書かない事です。
 
事業内容についてあまり他人に話したくないからや年収が少ないと借入金がれるかもしれないなどという心配から嘘をついてしまう方がいるようですが、業者の調査能力をもってすればすぐに嘘は見破られてしまうので意味がありません。嘘がばれてしまえば他の金融機関にも共有されてしまい今後融資を受けづらくなる可能性もあるので気を付けましょう。

 

タグ :

貸金業者 アコム 各ローン ビジネスローン

信販系キャッシングのメリットは未成年でも審査に可決すればキャッシング枠を持てる


スポンサーリンク

信販系キャッシングとは

キャッシングにはさまざまなものがありますが、特に多く想像されるのが消費者金融などの貸金業者によって行われる貸付、次に多くイメージされるのは銀行が行うようなキャッシングでしょう。
 
しかしながら、キャッシングは必ずしもそれしか種類が無いということはありません。むしろそれよりも身近なキャッシングも存在しており、その最も有名な例となっているのが「信販系キャッシング」です。
 
信販系キャッシングの「信販系」とは信用販売、つまり契約者に対して信用を供与してクレジット購入を認めることで手数料収入などを得て利益を成す事業のことです。
 
先ほどの銀行が営むものに関しては銀行系キャッシングなどの名前になりますから、つまり信販系キャッシングとはこういったクレジット払いを仲介する信販系業者が営むキャッシングだということになるのです。
 
一般的にはクレジットカードに付随して契約するケースが多いためにカードローンなどと混同されることもあるのですがカードローンは利用に際して借入専用のカードを利用するものであり、そこにクレジット機能などはつかないために明確に違うものであるとして考える必要があります。この点はしっかり押さえておきましょう。
 
 

信販系キャッシングの特徴

それでは信販系キャッシングの特徴とはどこにあるのかというと、まず最も大きいのが借りる際の審査がかなり簡単で済むということです。
 
もちろん審査自体が行われないということはありませんし、通常のキャッシングとは異なる視点を持ってチェックされることが多くなっています。また未成年者であってもクレジットカードのキャッシング枠であれば認められたというケースもありますので、その面から見ても大きな特徴があると言えるでしょう。
 
ただその場合も「未成年者である」ということを理由として、5~10万円程度が限度額として設けられることが多いというのも知っておくべきではあります。
 
また別の特徴としてですが、そもそもクレジットカードとして利用してきたことがある人がこれからキャッシング枠を設けると言うような場合、最初から設定される限度額が比較的大きいということも特徴になるでしょう。
 
どのような業者でもそうだというわけではありませんが、全く信用が無い相手に融資を申し込むよりもクレジットカードで信用を蓄積してきた相手に融資を申し込んだ方が通りやすいというのは当然のことです
 
こうしたポイントをしっかりと理解し、効率よく借りるようにしましょう。
 
 

信販系キャッシングがお勧めできるのはどんな人か

それでは最後にこの信販系キャッシングからお金を借りるのがむいている人はどういった人なのかということを考えてみましょう。まず向いている人についてですが、何よりも「未成年で借入したい」という場合が挙げられます。
 
未成年でもお金の借りられるまっとうな消費者金融は、学生ローンのアイシーローンだけではないでしょうか。
 
クレジットカードは大学生などの未成年者であっても作ることができ、そしてその中でキャッシング枠を付けるということで言えば通常のキャッシングと契約するよりも遥かに高い確率でお金を借りられます。
 
次に「手軽に借りたい」という人も向いていると言えるでしょう。わざわざ専門の業者に足を運ばずとも、クレジットカードはデパートなどの小売店でも作っていることがあります。その小売店が信販系キャッシングを提供している業者と契約していたのであれば、クレジットカードを作る際の審査と同時にキャッシング枠を付けてしまえば、それなりに高い成功率で借りることができるようになるでしょう。
 
逆に向いていない人を挙げるとすれば「クレジットカードは持ちたくない」というような人や「実店舗が無いと不安だ」というような人です。こうした特徴を理解し、受け入れられるというような人であればかなり有力な選択肢になり得ますから、なるべく選択肢としては挙げられるようにしておきましょう。

 

abc クレジットカード 各ローン 学生ローン

車を購入する時、オートローンとカードローンで、どちらを先に契約する?


スポンサーリンク

車を購入したい時の借入れ

生活をしていく中でお金は必要なものです。また、大きな買い物をすることになると、現金で支払えないことが多く、それを金融機関などで借り入れて支払いにあてて、あとで返済をしていくようになるのです。自動車や家などがそのよい例です。
 
自動車を購入するときに、頭金などはある程度準備できても、全額支払うというのは大変なことです。そういった時には、銀行や農協などのオートローンを利用したり、自動車の販売店であるディーラーなどでローンを組んで購入したりしていきます。
>>自動車ローン審査通らない理由を考える~年収、他社借入状況、信用情報等
 
また、用途が自由のカードローンもあるので、必要に応じて利用することもできますし、両方を併用していくという方法もあるのです。
 
しかし、どこの金融機関に借りるとしても審査があるので、どこでも簡単に貸してくれるというわけではありません。申込者がしっかりと仕事をしていて、収入があるのかどうかということや今までに返済ができなかったことなどがないのか、現在はほかの借入れがないかどうかということも申し込み時の申告内容と信用情報などを照合しながら判断していくようになるのです。
 
ですから、いろいろな情報を集めてどこに借りるのがいいのかを検討するといいでしょう。
 
 

オートローンとカードローン、優先にする順序

自動車のように、購入する際の金額が数百万円になってしまうものでは、現金でお金を準備するのは大変なことになります。
 
そうなると、金融機関などで借り入れをして購入していくようになるのですが、借り入れをしたら返済をしていくことになります。この一連の流れは、用途が自動車購入であればオートローンになるのです。
 
また、用途が自由であるカードローンもあるのですが、これはもちろん自動車を契約する際の費用に充てても構わないのです。ですから、併用する人もいるのです。
 
それでは、申し込みをする際にはどちらを優先にすればいいのでしょか。できれば、同時に申し込みをするのは避けるべきであり、両方とも審査落ちになってしまうことも有ります。そうなると、どちらを先に申し込むのがいいのかというと、オートローンの方がいいでしょう。
 
オートローンというのは、融資の単位が数百万円まで可能であることが多いので、そちらをまず借り入れることができるようにしたいものです。ディーラーなどでは、車を担保にしてローンを組むようになるので、借りやすくなるともいえるでしょう。
 
しかし、同じ金融機関に車のローンとカードローンを一緒に申し込めば、通りやすい場合もあるのです。
 
 

オートローンとカードローンの関係

まずカードローンというのは、日常の生活費などの用途がはっきりしていない場合でも借り入れができるという少額のお金が対象になるものです。ですから、アルバイトやパートなどであっても、限度額が低くはなるのですが、審査に通りやすいものになります。
 
もちろん、銀行や消費者金融などでその基準なども異なります。それに対してカーローンというのは、目的が車の購入などに限られるようになっており、大きな額の融資になることが多いのです。
 
例えば、カードローンでの利用額が大きかったり、返済が出来ていないと車のローンを組んだりするときに審査上で問題になってしまい、落ちてしまうこともあるのです。その結果、自動車の契約ができずに購入に至らないこともあるのです。
 
もしもカードローンがある状態で車のローンを組みたいという時には、まずは返済の残高を減らしてからほかの申込をするという順序で進めたほうがいいでしょう。しっかりと返済を出来る人物であるという信用を高めることが大切なのです。
 
金融機関にもよりますが、カードローンとオートローンの両方を検討しているのなら、後者を優先に契約したほうが賢明ですし、すでにカードローンを利用していれば金融機関をまとめるか、返済後に契約をするという順序で進めましょう。

 

各ローン 自動車ローン