即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

事業融資を借りる場合は銀行かノンバンクか~基本フリーローンでの借入は事業性資金不可


スポンサーリンク

事業資金を銀行から借りる場合

事業資金の調達をするとき、多くは銀行から融資を受ける形になります。
 
そのとき、大きく分けて保証付き融資プロパー融資のどちらかの融資を選ぶことになるでしょう。中小の企業で借入が初めての場合、プロパー融資は条件が厳しく保証付きの融資を受けるパターンが多くなります。
 
一方、プロパー融資とは信用保証協会をはさまずに、直接銀行からお金を借り入れる融資のことです。
 

プロパー融資とは?
銀行が行う融資には信用保証協会の保証付融資とプロパー融資の2種類があります。保証付融資とは信用保証協会に保証人になってもらってから受ける融資のことです。
 
引用元:http://shikin-pro.com/guide/1109

 
保証付き融資は、融資額に条件があり保証料も発生してしまうので、できれば選択したい融資方法ではありません。しかし、まだ新しい会社であったり規模が小さいと、事業資金を受ける選択肢としては保証付き融資となります。
 
借入の希望額は3000万円程度と、比較的小さな金額であればビジネスローンと呼ばれる事業融資を選択できる可能性もあります。企業向けの融資を行うビジネスローンは銀行によって商品の内容が異なりますが、メガバンクや地方銀行でいくつか扱っています。
 
基本的には地方銀行のほうが、審査に通りやすく、中小に企業でも融資が受けやすいといえます。
 
 

銀行のビジネスローンについて

大手のビジネスローンに一例として、三菱東京UFJ銀行の融活力という商品があります。
 
決算書を2期分提出することや、最新の決算において債務超過がないことなどが申込の条件となっていて、事業で使用する資金として使うことが可能です。最大で5000万円までの融資を受けることができ、原則として担保が不要となっています。金利は2.35%から9%で、保証人は代表者です。
 
地方銀行の行っているビジネスローンとしては、千葉銀行の商品があります。大手の銀行に比べると、最大の融資額は3000万円とやや少なくなりますが、それでも担保不要で借りることができる額としては十分な金額です。金利は3.25%からの変動金利制で、保証人は代表者ですから、会社と社長さえいえば審査の申込ができます。
 
審査にかかる時間も3日程度と、個人向けのカードローンと同程度のスピードで結果を知ることができます。
 
銀行の融資は信用度が大きく影響しており、借金を返す見込みがあるかどうかが非常に重要です

銀行ビジネスローン(無担保型)

・関西アーバン銀行 アーバンフリーローン(300万円)
・紀陽銀行 紀陽オーナー300(300万円)
・中京銀行 事業者向けフリーローン「はやわざ-α」(300万円)
・都留信用組合 即銭力(300万円)
(※限度額)
 
 

銀行や消費者金融のカードローン

1000万円以上の融資ではなく、小さな企業の場合には100万円程度の借入を行いたい場合もあるでしょう。
 
その場合、銀行のローンを利用すれば融資をうけることができそうですが、基本的に銀行カードローンは事業用の用途での資金利用を認めていません。金利も低く、利用できればかなりメリットがありますが、個人向けの無担保融資という性質があるので、事業用としての利用は行うことができないのが現状です。
 
一方、消費者金融の場合には、事業用の用途でお金を借りることを可能としているところが多くあります。
 
関連記事:
>>個人事業主や自営業者も借入可能な福岡の消費者金融「しんわ」
>>個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある
 
プロミスやアコムなど大手の消費者金融では、事業目的の借入ができるところもあるようです。しかし、初期の借入の限度額は少額になってしまうので、大きな金額を借りたい場合には時間をかける必要があります。
 
契約期間や返済に実績を積み上げることで、100万単位の借入が行えるようになります。最初から大きな額で融資を受けたい場合には、銀行や信用金庫が選択肢として考えられます。

 

各ローン ビジネスローン

個人事業主や自営業者も借入可能な福岡の消費者金融「しんわ」


スポンサーリンク

個人事業主へのサービスに特化したしんわ

個人事業主の場合だと、キャッシングローンなどの審査が厳しくなる傾向にあるといわれています。資金をうまく回していくのが大変な個人事業主ですが、そういった人を対象として専用のローンを組めることがしんわの最大の特徴です。
>>個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある
 
株式会社しんわの設立は昭和42年で、そこそこの歴史があります。福岡に本社があり、大阪などでも店舗をもっています。中堅の会社ではありますが、ホームページもきちんとしていて信頼性が高いといえます。
 
有名なコンビニやATMと提携を行っているので利便性もよく、場所によっては近所のコンビニで返済することも可能です。
 
契約に関しては、申し込みから即日でお金を借りることができたり、他の消費者金融で断られた契約でも、手続きが完了できる場合もあります。
>>キャッシングでお金を借りる際、審査に落ちる人はどんな人?
 
 

事業主専用キャッシングについて

通常、個人事業主はそのリスクの高さから、キャッシングローンを組むためのハードルが高いのが現状です。契約をするための審査で重要な項目は、収入が安定していて返済がどの程度期待できるのかという部分です。
 
その点で個人事業主は、儲かっている時の利益はサラリーマンなどに比べて多いかもしれませんが、経営が上手くいかなくなって借金が返済できなくなるリスクも抱えています。
 
ですから、貸す側から見ると収入が不安定であると見ることができ、公務員などの安定している職業に比べて審査が厳しくなる傾向にあります。
 
しんわは事業主専用のキャッシングがあり、その融資額も1000万円までと、上限が高い金額に設定されています。金利は、7.0%から18.0%で事業主が契約しやすい商品です。
 
 

個人向けキャッシング

しんわは個人向けの契約も充実していて、その特徴としては対象年齢が20歳から70歳までと年齢の幅が広いということです。借入額は300万円まで借りることができ、収入が年金だけの人であっても対象者となります。
 
ホームページがわかりやすく、申し込みもパソコンで行うことができます。電話やFAXも対応しているので、自身の環境に合わせて手続きを行うことが可能です。
 
インターネット上で仮の審査を行うことも出来るので、お金を借りることができそうか試しに確認をすることもできます。申し込みの手続きを行ってからは、営業の方と一対一で契約内容の相談ができます。機械による一律の手続きと違って、疑問点などを解決しながら話を進めていくことができるので、この点も魅力的といえます。

 

各ローン ビジネスローン 地方銀行、信用金庫、その他金融機関

個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある


スポンサーリンク

法人向けで即日融資が可能な消費者金融が増えてきた

以前は即日融資可能な法人向けの消費者金融というのは非常に少なく、あったとしても審査が厳しく中々借り入れが出来なかったり、できたとしての金利が非常に高いなど条件面で厳しいものが多かったのです。
 
しかし近年では法整備やネット環境が整備された事により、申込みが簡単で条件面でも以前ほど厳しいものではない法人向けの消費者金融が増えてきました。
 
現在のこのような法人向けの即日融資可能な消費者金融と言えば、プロミス・アコム・アイフルなどが挙げられます。
 
どの金融機関も一度くらいは名前を聞いたことがあるほど知名度の高い大手の金融業者ですね。この中で例えばアコムであれば楽天銀行の口座を持っていればいつでも申込みが受理されてから大体1分ほどで融資されるほどの早さでネットでのみの申込みで完結し、無人くんと呼ばれるサービスを利用するれば借金に関する書類が自宅に届くことがないという徹底ぶりです。
 
これらは他の即日融資可能な大手金融機関でも行われているサービスで個人向けの融資においても利用できる特徴です。
 
アコムにはこれ以外でも法人向けの消費者金融として特化した商品があり、このビジネスサポートカードローンというサービスが特徴的です
 
 

ビジネスサポートカードローンとは何か

アコムは個人向けの金融業者としても即日融資が可能でサービスも充実していますが、このビジネスサポートカードローンという法人向けの商品が非常に便利で特徴的です。
 
単なる個人向けの消費者金融として利用するつもりならば他の金融業者でも十分なサービスが受けられますが、法人として金融業者を利用するつもりであれば、アコムのビジネスサポートカードローンを利用するのが良いでしょう。
 
このビジネスサポートカードローンは個人事業主の場合であれば年収の三分の一を超す金額であっても融資が可能で、普通のカードローンと変わらず、限度額内の利用であれば回数は何回でも融資可能で法人を対象にしたローンであるにもかかわらず即日融資も可能になっています。
 
本来であれば総量規制という法律によって銀行ではない金融業者では年収の三分の一を越えた融資は不可能なのですが、このアコムのビジネスサポートカードローンであれば、本来銀行との取引でしか実現できなかった年収の三分の一以上の融資が可能になる点は本当に便利で、他の点を無視してもこの特徴のみでアコムのビジネスサポートカードローンを選ぶ価値があると言っても過言ではないのではないでしょうか。
 
 

安全面や金利などはどうなっているか

ここまではアコムのビジネスサポートカードローンの便利な点のお話でしたが、ここまで便利だと金利面がかなり高くなるのでないかと言って心配をされる方もいるでしょう。この金利に関しても以前はかなり高い時もあったようですが、ここ最近では20%を下回り18%前後で落ち着く位の金利となっています。
 
昔は返済が滞ると取り立て業者が自宅にやってきて怖い思いをしたなどという話もありましたが、現在の大手金融業者でそのような取り立てを行っている場所はほとんどありません。
 
個人情報などの取り扱いやネット上での利用による安全面に関しても、業者事態の信用問題にかかわる部分なのでセキュリティー関連のガードに関しては業者でもトップクラスであると言われています。
 
このようなアコムですが、申込みに関して注意しなければいけない点があります。その一つが、申込み時に嘘の情報を書かない事です。
 
事業内容についてあまり他人に話したくないからや年収が少ないと借入金がれるかもしれないなどという心配から嘘をついてしまう方がいるようですが、業者の調査能力をもってすればすぐに嘘は見破られてしまうので意味がありません。嘘がばれてしまえば他の金融機関にも共有されてしまい今後融資を受けづらくなる可能性もあるので気を付けましょう。

 

タグ :

貸金業者 アコム 各ローン ビジネスローン