即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

中央リテールのおまとめローンは無担保・無保証人でお金を借りれ、しかも総量規制対象外


スポンサーリンク

多重債務の恐怖を中央リテールで解消

現在では無人契約機やインターネットで簡単に申し込める、カードローンなどのキャッシングサービスがたくさん存在します。パートやアルバイトの学生や主婦、場合によっては専業主婦でもお金を借りることができるほど、審査がやさしいサービスが揃っています。
 
手軽なため、つい借金を繰り返してしまうものですが、その先に待ち構えているのが、多重債務の問題です。
 
多重債務とは、複数の会社から借金を重ねるというもので、それぞれの借入額が数万円であっても、数が多ければ次々に借金が膨らんでしまう恐怖が待っています。
 
借入額が多くなり、利息の支払いに困窮するようになった時に、救いとなるのが、中央リテールという消費者金融です。ここでは他社の借入れを一つにまとめられる、おまとめローンを取り扱っています。
>>複数の借入件数や借金の支払総額を減額したい場合はおまとめローン
 

中央リテールのおまとめローンの内容

中央リテールで利用可能なおまとめローンは、融資額が最大で500万円、金利は10.95%~13.0%、返済期間は最長で10年、120回払いまで対応しています。
 
保証人や担保は一切不要で、提出書類として、運転免許証や保険証などの本人確認書類、源泉徴収票などの収入証明書、そして印鑑と現在借り入れしている明細書やカードを用意します。
 
基本的に消費者金融は総量規制の対象になりますので、年収の3分の1を超える借入ができません。しかし、中央リテールのおまとめローンの場合は、総量規制対象外の商品に含まれますので、多額の多重債務に陥っている人でも利用できる可能性が高くなっています。
 
おまとめローンは大手の銀行などでも中央リテールより低金利で実施していますが、審査が厳しいため、中央リテールのほうが利用しやすいメリットがあります。
 
 

債務整理できるから心配はいらない?

中央リテールのおまとめローンを利用したとしても、借金には変わりはありません。そのため、支払いの負担を減らせる債務整理のほうが今ある現実から逃れられると考える人も多いでしょうが、債務整理はそこまで甘いものではありません。
 
債務整理を行うと、今ある借入額が減らせたり、返済の義務から開放される可能性があります。しかし、弁護士などの専門家に依頼しなければ解決が難しく、依頼する費用が数万円から数十万円もかかる例が多くあります。
 
ブラック認定され、今後の借入も難しくなることから、まだ返せる余地が残されているのなら、中央リテールのおまとめローンできちんと返済するのが、メリットがある場合もあります。
 
借入を1社にまとめられるため、月々の返済額を抑えることができるばかりか、管理がしやすくなり、返済を忘れるリスクが減ります。

 

タグ :

各ローン 借換・おまとめローン 地方銀行、信用金庫、その他金融機関

多重債務を一本化するおまとめローンを契約する場合、最低年収は200~300万円以上


スポンサーリンク

審査の鍵は年収にあり

おまとめローンは何らかの事情で発生した複数の債務を一つにまとめてローンの一本化を行うことを目的とするローンです。
 
その結果、金利が下がり返済時の負担が軽減されるのが最大の魅力ですが、その分だけ大きな借入金額となりますのでその借入金額に見合う収入があることが求められます。
 
一般的な基準としておまとめローンの契約を行うためには少なくとも年収にして200万円以上があることを必要としています。金融機関によっては最低基準を300万円に設定しているケースもありますので、このくらいの収入がない場合には契約自体が困難であると考えておく必要があります。
 
大きな金額の借り入れを行うためにはそれに見合う収入が必要になるというのが金融機関から借り入れを行う場合の基本的な条件であると言えるのです。
 
消費者金融系の場合には貸金業法の総量規制も関係してきますので、年収の3分の1以上の融資が出来ないケースも出てくるでしょう。そのため、かなり少額のおまとめローンでない限りは200万円前後の収入では審査に通りにくいという状況になると考えられます。収入はこの様な形で契約の可否に関係してくる重要なポイントであると言えるでしょう。
 
 

契約におけるの年収以外のポイントについて

大きな金額の借り入れを行うおまとめローンの契約には最低限200万円以上の年収が目安となりますが、その基準を満たせばそれで十分ということにはなりません。
 
このローンの審査は一般的にカードローンなどの審査に比べると厳しいものであると言うことが知られています。誰でも簡単に利用することが出来るサービスであるとは言えない側面を持っていることでも知られています。
 
審査に影響するポイントとしては現在の借入件数借入金額が大きく影響するでしょう。もし現在5件以上の借入がある場合には基本的に審査の通過は困難と言われています。まずは地道に借入件数を減らす努力が必要です。
 
複数の借入を並行して行うことはそれだけで信用が得られなくなってしまうのです。
 
また過去数ヶ月間に返済の遅延があった場合にも審査には厳しく影響します。もしもおまとめローンを使って返済の負担を少しでも少なくしたいと考えているのであれば普段から返済の不履行が無い様に着実に返済を続けてきていることが求められるでしょう。
 
契約に関係が深い収入以前に、この様なポイントでも審査が行われるということを意識した返済を行ってきていることが非常に重要なことであると言えるでしょう。
 
 

年収が低い場合の注意事項

殆どのおまとめローンでは200万円以上の収入を一定の基準に設けていますが、状況によっては仕事の安定性があれば信頼性があるという判断が行われて融資を受けることが出来るケースも存在しています。
 
とは言っても、収入に応じた上限金額までの融資が基本となります。それでも多少なりとも利息が軽減されるのであればメリットがあると考えることもできるでしょう。
 
一般に銀行系のおまとめローンは金利が低く人気がありますが、その反面で収入条件が厳しく審査される関係にあります。そのため年収が低い場合には銀行系の契約が難しいと言えるでしょう。
 
そのため銀行以外のサービスの中から検討して行く必要性に迫られるのですが、その様な条件の債務者、特に多重債務者を対象とした悪徳業者も存在していますので特に注意が必要であると言えます。
>>ソフト闇金も闇金と同じ~甘い審査に誘われてもお金を借りる事は絶対に避けること
 
クレジットカードやキャッシングとは異なり、おまとめローンの契約は貸したお金が回収できる見込みがないのに快く貸してくれるケースはありません。全く事情が異なってきますので、あまりにも条件の良い甘い勧誘があった場合には悪徳業者のサービスである可能性も考慮に入れてだまされない様にする心構えも重要になってきます。

 

各ローン 借換・おまとめローン

複数の借入件数や借金の支払総額を減額したい場合はおまとめローン


スポンサーリンク

キャッシングのメリットとデメリット

キャッシングは現金を引き出すという意味であり、日本では消費者金融が行っている融資サービスや、クレジットカードのキャッシングサービス、また銀行など行っているカードローンなどを指しています。
 
キャッシングは目的ローン商品と異なり、あらかじめ契約をしておき融資枠を設定し、その融資枠内であればお金をいつでも借りることができるため、いつでも現金を用意できるメリットがあります。
 
また銀行のカードローンによっては、信用力が高ければ目的ローンと変わらない低金利での借り入れが可能であり、ちょっとした買い物から大きな買い物まで幅広く使える、利便性に優れるローン商品です。
 
一方でデメリットは、利便性に優れるため借りすぎるという点です。また限度枠に関しては最大で1000万円ぐらい設定できるものもありますが、一般的な信用力では100万円までの限度額となります。
 
またお金を借りた以上は、金利を支払う必要がありますが、信用力が低い場合には金利が大きく負担が大きいという点があります。特に利用しやすい消費者金融はその傾向が強いため借りすぎると月々の返済額が多くなり日常生活に支障をきたすほどの負担を受ける可能性があります。
 
 

借りすぎた場合の対処法

キャッシングを利用して借りすぎた場合の対処法としては、自力で返済に専念する方法と、ほかの力を借りて完済を目指すか、借金そのものを減額または免債してもらうといったものがあります。
 
もっとも正しいのは自力で返済に専念することであり、返済に十分な収入があるのであれば、新規の借り入れをやめ収入の枠内で生活を行い返済を再優先することです。常識的な借り入れであればこれで返済することが可能です。
 
また複数のキャッシングを利用しているのであれば、おまとめローンを使ってまとめてしまうのもひとつの手段です。
 
しかし、借金の残高が収入からみて返済が困難または月々の返済額に対して収入が足りないといった場合には借入先に減額を求めるか法的処理を行って免責してもらうというものがあります。いずれも債務整理と呼ばれるもので減額を求めるものとしては任意整理、個人再生があり、すべての借金をなくすものは自己破産になります。
 
いずれの場合にも信用力が著しく傷つき、5年から10年程度は新規の借り入れや申し込みが行えなくなりますし裁判所を通して処理をした場合には官報に住所と氏名が掲載されます。特に自己破産を行うと法的なペナルティが大きく社会的な信用力が失われます。
 
 

おまとめローンを使うメリット

キャッシングで増えすぎてしまった借金を少しでも減らすのに有効なのがおまとめローンです。キャッシングで月々の返済額が増大するポイントとしては複数のサービスを利用するといった状態です。
 
これを多重債務といいますが、多重債務になると一ヶ月の間に複数の返済日が設定されますし、金利も高くなるため本来、ひとつのサービスを利用していれば支払う必要のない金利を支払うことになります。
 

 
このため返済額の内訳でも金利が大きく占めることになり返済期間が長引きます。さらにその間に借り入れを行うことで、借金の返済がさらに伸びるといった状態に陥ります。
 
おまとめローンではそれらの借金を一本化して返済日を統一し、さらに返済額の減額が期待できるものです。返済日を一本化できれば管理が簡単になり計画的に返済が行なえますし、一本化することで金利負担が減り月々の返済額が実質的に減額することが期待できます。

無担保型で債務の一本化

・第三銀行「エグゼクティブ One」(4.100%~7.100%)
・静岡中央銀行 しずちゅうCSフリーローン(4.000%~14.500%)
・中京銀行 多目的ローン(4.200%~9.200%)
・八千代銀行 八千代のフリーローン(4.300%~14.500%)
・大垣共立銀行 ライフプラン「ポピュラーローン」(4.500%~10.500%)
・南都銀行 フリーローン(ビッグパーソナルローン)(4.575%~8.175%)
・トマト銀行 トマト・借換え専用フリーローン「ひとまとめ」(4.800%~13.800%)
・滋賀銀行 『しがぎん』Sカードローン(サットキャッシュ)(4.800%~14.900%)
・楽天銀行スーパーローン(4.900%~14.500%)
・姫路信用金庫 ひめしんフリーローン“かりとく”(5.000%~14.500%)
※限度額500万円
 
またおまとめローンは消費者金融などのほか銀行が提供しているローン商品のひとつであるため、一本化を行うことはあくまでも借り換えをすることなので、債務整理と異なり信用力が傷つくことがありませんし法的なペナルティを受けることもありません。

 

タグ :

各ローン 借換・おまとめローン