即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

学生ローン(学ロン)は成人しててバイト収入があれば、審査には可決する?


スポンサーリンク

急な出費に便利な学生ローン

大学生や専門学校、短大などの学校に通い始めると、高校性の時と比較してお金が必要なケースが増えて来ます。学校生活を楽しむためのサークル活動やコンパなどは大学生や短大生、専門学校生などの楽しみのひとつですが、これらのイベントに参加するためにはお金が必要となります。
 
生活費などは親の仕送りが在ったとしても、イベントに参加する費用まで親に頼れない、親に負担をかけたくないと言う学生さんも多くいます。
 
学生ローンは成人を迎えている学生が利用する事が出来るカードローンで、少額の金額ではありますが、利用可能額の範囲でATMを利用して現金を引き出し借りる事が出来ます。
 
急な出費の時に便利なローンであることからも、学生ローンを利用する学生さんも少なく有りません。学生ローンは借金を持つ事になるので、支払いが出来る事が条件となります。
 
支払いと言っても親に支払いを依頼するのではなく、自らの返済能力を利用して支払いを行うと言う事からも、アルバイトをして収入が在ることが条件となると言う事です。
 
申し込みをする時には、学生証や運転免許証などの本人確認書類が必要になります。学生ローンの中には親の承諾書が有れば18歳以上から申し込みが出来るケースも有ると言われています。アイシーローンは、未成年でもお金の借入れは可能であります。
 
(参考)アイシーローン
https://www.ic-loan.co.jp/
 
 

学生ローンの申し込み条件について

学生ローンを申し込みが出来る人と言うのは、学生であることが条件となります。但し、学生と言っても専門学校生、短大生、大学生などで高校生は申し込みが出来ません。これは学生ローンが未成年者を対象外としているからなのです。
 
しかし、学生ローンの中には18歳以上の学生を対象としているローンもありますが、この場合は親の承諾書が必要になると言った特徴を持ちます。18歳から20歳にかけての年齢と言うのは親権者により守られているので、返済が出来なくなった時は親が代わりに支払いをすると言う事になります。
 
因みに、未成年者と言うのは親権者が存在している状態を意味しており、結婚している18歳と言うのは成人の扱いになると言われています。結婚している場合は自らが責任を負う必要があるわけですが、独身の18歳は未成年者と言う事からも、学生ローンが利用出来る条件として親の承諾書が必要になると言う事です。
>>収入のある未成年はお金を借りれる?キャッシングできる条件とは?
 
しかしながら、一般的には20歳以上の成人に対して融資を行うのが学生ローンであり、アルバイトをして収入を得ている学生が申し込みをする事が出来ると言う事です。
 
アルバイトと言っても朝から晩まで働くというのではなく、学校に通いながら週に2~4日のアルバイトをする事で収入が在るとみなされます。
 
 

学生ローンも信用が大切です

一般的なカードローンの審査は信用を中心にチェックして融資を行うか否かが決まりますが、学生ローンにおいても同じで、他社からの借入が無いか、と言ったことが重要視されます。
 
アルバイト収入と言っても、学校に通いながらの収入となるので、他社からの借入があれば支払いが困難になると考えますので、借金がある場合は審査に通過する事は難しくなりますし、信頼度も下がることになります。
 
また、他社借入があっても支払いをきちんと行っていればまだしも、個人信用情報に遅延が記録されていれば信頼度を下げてしまう事になり、融資を断れてしまいます。
>>個人信用情報について~虚偽の申告でキャッシング審査に挑んでも、すぐ嘘はバレる
 
因みに、学生が利用出来るカードローンの中には消費者金融や銀行などの個人向けローンも用意されています。この個人向けローンは学生ローン会社のローンとは異なり、金利が低い事や利用限度額が高めに設定されているのが特徴で、アルバイトをしている学生、パートをしている主婦などが申し込み可能になっています。
 
カードローンは必要な時にいつでもATMで現金を引き出して借りる事が出来る利便性が有りますので、使い過ぎてしまうと言うリスクが有るため、アルバイトの収入だけできちんと返済が出来るような借り方をする事が大切です。

 

各ローン 学生ローン

信販系キャッシングのメリットは未成年でも審査に可決すればキャッシング枠を持てる


スポンサーリンク

信販系キャッシングとは

キャッシングにはさまざまなものがありますが、特に多く想像されるのが消費者金融などの貸金業者によって行われる貸付、次に多くイメージされるのは銀行が行うようなキャッシングでしょう。
 
しかしながら、キャッシングは必ずしもそれしか種類が無いということはありません。むしろそれよりも身近なキャッシングも存在しており、その最も有名な例となっているのが「信販系キャッシング」です。
 
信販系キャッシングの「信販系」とは信用販売、つまり契約者に対して信用を供与してクレジット購入を認めることで手数料収入などを得て利益を成す事業のことです。
 
先ほどの銀行が営むものに関しては銀行系キャッシングなどの名前になりますから、つまり信販系キャッシングとはこういったクレジット払いを仲介する信販系業者が営むキャッシングだということになるのです。
 
一般的にはクレジットカードに付随して契約するケースが多いためにカードローンなどと混同されることもあるのですがカードローンは利用に際して借入専用のカードを利用するものであり、そこにクレジット機能などはつかないために明確に違うものであるとして考える必要があります。この点はしっかり押さえておきましょう。
 
 

信販系キャッシングの特徴

それでは信販系キャッシングの特徴とはどこにあるのかというと、まず最も大きいのが借りる際の審査がかなり簡単で済むということです。
 
もちろん審査自体が行われないということはありませんし、通常のキャッシングとは異なる視点を持ってチェックされることが多くなっています。また未成年者であってもクレジットカードのキャッシング枠であれば認められたというケースもありますので、その面から見ても大きな特徴があると言えるでしょう。
 
ただその場合も「未成年者である」ということを理由として、5~10万円程度が限度額として設けられることが多いというのも知っておくべきではあります。
 
また別の特徴としてですが、そもそもクレジットカードとして利用してきたことがある人がこれからキャッシング枠を設けると言うような場合、最初から設定される限度額が比較的大きいということも特徴になるでしょう。
 
どのような業者でもそうだというわけではありませんが、全く信用が無い相手に融資を申し込むよりもクレジットカードで信用を蓄積してきた相手に融資を申し込んだ方が通りやすいというのは当然のことです
 
こうしたポイントをしっかりと理解し、効率よく借りるようにしましょう。
 
 

信販系キャッシングがお勧めできるのはどんな人か

それでは最後にこの信販系キャッシングからお金を借りるのがむいている人はどういった人なのかということを考えてみましょう。まず向いている人についてですが、何よりも「未成年で借入したい」という場合が挙げられます。
 
未成年でもお金の借りられるまっとうな消費者金融は、学生ローンのアイシーローンだけではないでしょうか。
 
クレジットカードは大学生などの未成年者であっても作ることができ、そしてその中でキャッシング枠を付けるということで言えば通常のキャッシングと契約するよりも遥かに高い確率でお金を借りられます。
 
次に「手軽に借りたい」という人も向いていると言えるでしょう。わざわざ専門の業者に足を運ばずとも、クレジットカードはデパートなどの小売店でも作っていることがあります。その小売店が信販系キャッシングを提供している業者と契約していたのであれば、クレジットカードを作る際の審査と同時にキャッシング枠を付けてしまえば、それなりに高い成功率で借りることができるようになるでしょう。
 
逆に向いていない人を挙げるとすれば「クレジットカードは持ちたくない」というような人や「実店舗が無いと不安だ」というような人です。こうした特徴を理解し、受け入れられるというような人であればかなり有力な選択肢になり得ますから、なるべく選択肢としては挙げられるようにしておきましょう。

 

abc クレジットカード 各ローン 学生ローン