即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

車に乗るときの様々な選択肢~自動車ローンで購入、カーシェアリング、カーリース等


スポンサーリンク

マイカーローンの選び方

車を購入するとき、現金ですぐに購入することができれば良いのですが、すぐに資金が集められない場合はマイカーローンを契約するという選択肢もあります。
 
マイカーローンは普通のフリーローンと比べると金利が低くなっています。それは目的があるローンであり、フリーローンと根本的に違うのは、極度型ではないという点です。極度型というのは限度額内であれば繰り返し何度でも利用することのできるローンのことです。マイカーローンは最初に見積りを出し、お金を借りた後は返済専用となります。
 
ディーラーのローンであれば車の所有権は信販会社になり、銀行のローンであれば車の所有権は持ち主になります。購入する場合は車種も自由に選択することができますが、あまりに高額であったり収入が低い場合はローンの審査が下りずに購入することができなくなることもあります。
 
年収におけるローンの年間返済額は35%以下が適正とされています。
 
 

マイカー以外の選択肢

車を持つことのデメリットとしては、維持費がかかるということです。定期的に車検が必要になりますし、駐車場代もかかります。また税金も支払わなくてはなりません。都心部に住んでいる場合、近場での移動は車よりも公共交通機関のほうが安く済むことも多く、車を持っていると引っ越しも大変になることがあります。
 
そこまで利用しないのであれば、カーシェアリングやカーリースという選択肢もあります。カーリースには車検や税金も料金に含まれているので、別途費用がかかる心配もなく、長期でのレンタルも可能です。滅多に利用しないのであればカーシェアリングやレンタカーにすると良いでしょう。
 
参考:
カーシェアリングとは
http://plus.timescar.jp/about/what.html
 
ローンとリース、車を持つならどちらがお得?
http://allabout.co.jp/gm/gc/12174/
 
最近ではカーシェアリングが人気で、1時間の利用であれば1000円以下で借りられるものもあります。しかし車種を選択できなかったり、借りたいときに借りることができないこともあります。予約することである程度は自由が利きますが、そういう手続きが面倒だという人にはあまり向かないこともあります。
 
 

車を所有していることと借金の審査

車は高額な資産とみなされます。そのためマイカーを持っていると担保にしてお金を借りることができるようになります。担保がある場合、無担保の信用のみの契約と違って審査に通りやすくなります。また金融機関側のリスクも小さくなるため、金利が低く設定されます。しかし車担保ローンには大きなデメリットも存在します。
 
まず査定に手数料がかかる場合がある点です。査定額も安く設定されることがあり、もし支払いができなくなってしまった場合には安く担保が差し押さえられてしまいますので、支払いには気をつけていかなければなりません。
 
ただし車を担保にしない場合でも、カードローンの申し込みなどで自家用車の有無を報告する場合があります。その場合資産があると判断されるため、それだけでカードローンの審査に通りやすくなります。
 
車はコストのかかってしまう資産ではありますが、所有していることによるメリットもあります。どのくらいの頻度で使うか考えた上で、購入するかどうか決定すると良いでしょう。
>>自動車を担保にしてお金を借りる~悪徳業者は多いので、よく調べてから自動車担保ローンで借りる

 

各ローン 自動車ローン

自動車を担保にしてお金を借りる~悪徳業者は多いので、よく調べてから自動車担保ローンで借りる


スポンサーリンク

手軽に利用できる有担保ローン

担保をお持ちでない方には、有担保ローンは馴染みがないローンかもしれませんが、自動車担保ローンならクルマをお持ちなら利用できます。
 
有担保ローンは審査が厳しいと思われていますが、担保を設定する理由は信用力の向上なのです。信用力の低い方ですと、担保なしでは借りられない可能性が高いです。そのような方にとって、自動車担保ローンは非常に使いやすいローンです。
 
ただし、貸金業者の中では数少ない存在なので、ヤミ金の可能性もあります。事前に業者情報をよく調べてから借入するようにしましょう。完済後に担保の返還を受けられないようでは困ります。
 
 

健全な貸金業者かどうか

お金を借りる前には、健全な業者か調べる作業が必要です。
 
特に自動車担保ローンに関しては、悪徳業者の割合が高いのでよく調べておく必要があります。最低限の確認事項としては、貸金業登録がされているかどうかです。登録業者検索は金融庁のWEBサイトで行うことができます。
 
(参考)登録貸金業者情報検索入力ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/
 
担保を設定するという性質上、少しでも怪しい業者だと思ったら利用するのはやめましょう。自社のWEBサイトを持っていない業者もリスクが高いです。健全な業者ほど自社情報を詳細まで掲載しているものです。WEBサイトを持たない、電話帳にも掲載されていない、などの業者は危険です。
 
 

担保となるクルマの価値を知ろう

自動車担保ローンは担保の価値に応じた融資を受けられます。担保としての査定額が低いと、借りられる金額は少なくなります。ここで注意したいのは、返済できない可能性です。
 
もし延滞をして完済できない状態になれば、担保を失うことになります。最悪のケースを考慮するなら、少しでも高く手放したいと思うのは当然でしょう。
 
愛車の担保としての価格が妥当かどうか調べるには、中古車買取の情報誌やサイトが役立ちます。大まかな相場を把握しておき、あまりに安い査定額を提示された場合は借りるのは避けたほうがいいでしょう。クルマを手放すつもりならば、高く売却してお金にする手もあります。
 
(参考)車買取・中古車査定-価格コム
http://kakaku.com/kuruma_kaitori/

 

各ローン 自動車ローン

車を購入する時、オートローンとカードローンで、どちらを先に契約する?


スポンサーリンク

車を購入したい時の借入れ

生活をしていく中でお金は必要なものです。また、大きな買い物をすることになると、現金で支払えないことが多く、それを金融機関などで借り入れて支払いにあてて、あとで返済をしていくようになるのです。自動車や家などがそのよい例です。
 
自動車を購入するときに、頭金などはある程度準備できても、全額支払うというのは大変なことです。そういった時には、銀行や農協などのオートローンを利用したり、自動車の販売店であるディーラーなどでローンを組んで購入したりしていきます。
>>自動車ローン審査通らない理由を考える~年収、他社借入状況、信用情報等
 
また、用途が自由のカードローンもあるので、必要に応じて利用することもできますし、両方を併用していくという方法もあるのです。
 
しかし、どこの金融機関に借りるとしても審査があるので、どこでも簡単に貸してくれるというわけではありません。申込者がしっかりと仕事をしていて、収入があるのかどうかということや今までに返済ができなかったことなどがないのか、現在はほかの借入れがないかどうかということも申し込み時の申告内容と信用情報などを照合しながら判断していくようになるのです。
 
ですから、いろいろな情報を集めてどこに借りるのがいいのかを検討するといいでしょう。
 
 

オートローンとカードローン、優先にする順序

自動車のように、購入する際の金額が数百万円になってしまうものでは、現金でお金を準備するのは大変なことになります。
 
そうなると、金融機関などで借り入れをして購入していくようになるのですが、借り入れをしたら返済をしていくことになります。この一連の流れは、用途が自動車購入であればオートローンになるのです。
 
また、用途が自由であるカードローンもあるのですが、これはもちろん自動車を契約する際の費用に充てても構わないのです。ですから、併用する人もいるのです。
 
それでは、申し込みをする際にはどちらを優先にすればいいのでしょか。できれば、同時に申し込みをするのは避けるべきであり、両方とも審査落ちになってしまうことも有ります。そうなると、どちらを先に申し込むのがいいのかというと、オートローンの方がいいでしょう。
 
オートローンというのは、融資の単位が数百万円まで可能であることが多いので、そちらをまず借り入れることができるようにしたいものです。ディーラーなどでは、車を担保にしてローンを組むようになるので、借りやすくなるともいえるでしょう。
 
しかし、同じ金融機関に車のローンとカードローンを一緒に申し込めば、通りやすい場合もあるのです。
 
 

オートローンとカードローンの関係

まずカードローンというのは、日常の生活費などの用途がはっきりしていない場合でも借り入れができるという少額のお金が対象になるものです。ですから、アルバイトやパートなどであっても、限度額が低くはなるのですが、審査に通りやすいものになります。
 
もちろん、銀行や消費者金融などでその基準なども異なります。それに対してカーローンというのは、目的が車の購入などに限られるようになっており、大きな額の融資になることが多いのです。
 
例えば、カードローンでの利用額が大きかったり、返済が出来ていないと車のローンを組んだりするときに審査上で問題になってしまい、落ちてしまうこともあるのです。その結果、自動車の契約ができずに購入に至らないこともあるのです。
 
もしもカードローンがある状態で車のローンを組みたいという時には、まずは返済の残高を減らしてからほかの申込をするという順序で進めたほうがいいでしょう。しっかりと返済を出来る人物であるという信用を高めることが大切なのです。
 
金融機関にもよりますが、カードローンとオートローンの両方を検討しているのなら、後者を優先に契約したほうが賢明ですし、すでにカードローンを利用していれば金融機関をまとめるか、返済後に契約をするという順序で進めましょう。

 

各ローン 自動車ローン

自動車ローン審査通らない理由を考える~年収、他社借入状況、信用情報等


スポンサーリンク

必要な金額によって難易度は変わる

自動車ローンの基本として、自動車ローンで必要となる金額によってかなり審査の難易度が変わってくることを知っておきましょう。
 
これは自動車ローンの根本的な部分でもあり、やはり大きな金額を借りなければならないほど合格することが難しくなります。
 
逆に車を購入する資金の大半を貯金から用意出来ており、後少しだけ足りない、そんな状況ならあまり審査に落ちるという不安を感じる必要はないと言えます。
 
自動車ローンは審査においてチェック項目が色々とあり、それらのチェック項目の評価によって審査に落ちることがありますが、これを考慮する場合でもやはり必要金額から考えていくことが大事になります。

人気ある自動車ローン

・JAバンク大阪 JAマイカーローン(1.500%~4.625%)
・仙台銀行 マイカーローン(1.650%~4.800%)
・十八銀行 <18>カーライフローン車快人(1.900%~3.200%)
・横浜銀行マイカーローン(2.100%~3.900%)
・千葉興業銀行 ちば興銀マイカーローン(2.200%~2.900%)
・住信SBIネット銀行 MR.(ミスター)自動車ローン(2.180%~4.366%)
・東京都民銀行 マイカーローンII(2.350%~3.050%)
・京葉銀行 マイカーローン(2.350%~3.850%)
・静岡銀行 しずぎんマイカーローン(2.400%~4.400%)
・池田泉州銀行 マイカーローン(2.575%~2.875%)
(※実質年率)
 
一般的な収入を持っている人でも高級車を全額自動車ローンで借りるというならそれはやはり審査に落ちる可能性は高くなりますし、逆にアルバイトで生計を立てており、借りたい金額が10万など低い金額ならば落ちる可能性は低くなります。このように自動車ローンは借りたい金額によってかなり内容が変わってくることをしっかりと覚えておきましょう。
 
これを踏まえた上でチェック項目に問題がないかを見ていくことが大事であり、そうすれば合格を狙いやすいです。
 
 
スポンサーリンク



チェック項目はかなり多い

自動車ローンの審査においてチェック項目は細かいところまで考えるとかなり多くありますが、覚えておくべき項目は3つで良いです。
 
それは信用情報年収、そして借金(他社借入状況)の3つです。他にも勤続年数など、かなり細かいところは色々とあるものの、合否に大きな影響を与える項目はこの3つです。この3つの項目の中でも信用情報は目に見えないので、なかなか判断しずらいものがあります。
 
これは自分の過去における金融会社とのやり取りを思い出す必要があります。金融会社からお金を借りて数か月ほど延滞したことがあるかどうか、そして返済不能から債務整理をしたことがあるかどうか、こうした過去によっては信用がかなり落ちていることがあります。
 
信用だけは年収や借金とは違って、対処する方法がなく時間の経過と共に信用が戻ることを待つしかありません。
 
そのため、将来的に自動車ローンを組むことを検討している人は、もし今金融会社からお金を借りているならば絶対に返済を遅らせることが無いようにしましょう。返済日に遅れることがなければ信用を落とすことは無いので、特に何も問題はありません。逆に遅延することが多いと状況は厳しくなってしまいます。
 
 

年収と借金の関係を知っておこう

自動車ローンは借入する金額にもよりますが、アルバイトやパートでも組むことは可能です。
 
重要度が高い項目として年収と借金による返済能力について少し知識を持っておきましょう。年収は高い方が良いです。職業に関しては正社員の方が評価は良いですが、アルバイトやパート、派遣社員でも必要とされる年収を確保できるのであれば合格することは出来ます。
 
次に借金についてですが、借金は当然ながら持っていない方が良いです。借金を持っていると年収からの返済能力が低くなるので、不利になってきます。そこで、少しでも合格しやすくするために自動車ローンへ申し込みをする時までに借金を持っている人はその借金を出来る限り返済しておくようにしましょう。借金の金額が小さくなるほど合格しやすくなります。
 
また、借金を持っている人でも年収が高いならば特に問題なく合格を狙うことが出来ますし、一番良い状況は年収が高くて借金がない状況です。
 
こうした状況になってから申し込みをするだけでも、かなり合格率が高くなってくることを知っておきたいものです。借金を完済することが出来なくても、出来るだけその金額を減らすことを考えることはとても大事です。

 

各ローン 自動車ローン