即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

個人事業主がお金を借りるにはアコムの事業者向けキャッシングもある


スポンサーリンク

法人向けで即日融資が可能な消費者金融が増えてきた

以前は即日融資可能な法人向けの消費者金融というのは非常に少なく、あったとしても審査が厳しく中々借り入れが出来なかったり、できたとしての金利が非常に高いなど条件面で厳しいものが多かったのです。
 
しかし近年では法整備やネット環境が整備された事により、申込みが簡単で条件面でも以前ほど厳しいものではない法人向けの消費者金融が増えてきました。
 
現在のこのような法人向けの即日融資可能な消費者金融と言えば、プロミス・アコム・アイフルなどが挙げられます。
 
どの金融機関も一度くらいは名前を聞いたことがあるほど知名度の高い大手の金融業者ですね。この中で例えばアコムであれば楽天銀行の口座を持っていればいつでも申込みが受理されてから大体1分ほどで融資されるほどの早さでネットでのみの申込みで完結し、無人くんと呼ばれるサービスを利用するれば借金に関する書類が自宅に届くことがないという徹底ぶりです。
 
これらは他の即日融資可能な大手金融機関でも行われているサービスで個人向けの融資においても利用できる特徴です。
 
アコムにはこれ以外でも法人向けの消費者金融として特化した商品があり、このビジネスサポートカードローンというサービスが特徴的です
 
 

ビジネスサポートカードローンとは何か

アコムは個人向けの金融業者としても即日融資が可能でサービスも充実していますが、このビジネスサポートカードローンという法人向けの商品が非常に便利で特徴的です。
 
単なる個人向けの消費者金融として利用するつもりならば他の金融業者でも十分なサービスが受けられますが、法人として金融業者を利用するつもりであれば、アコムのビジネスサポートカードローンを利用するのが良いでしょう。
 
このビジネスサポートカードローンは個人事業主の場合であれば年収の三分の一を超す金額であっても融資が可能で、普通のカードローンと変わらず、限度額内の利用であれば回数は何回でも融資可能で法人を対象にしたローンであるにもかかわらず即日融資も可能になっています。
 
本来であれば総量規制という法律によって銀行ではない金融業者では年収の三分の一を越えた融資は不可能なのですが、このアコムのビジネスサポートカードローンであれば、本来銀行との取引でしか実現できなかった年収の三分の一以上の融資が可能になる点は本当に便利で、他の点を無視してもこの特徴のみでアコムのビジネスサポートカードローンを選ぶ価値があると言っても過言ではないのではないでしょうか。
 
 

安全面や金利などはどうなっているか

ここまではアコムのビジネスサポートカードローンの便利な点のお話でしたが、ここまで便利だと金利面がかなり高くなるのでないかと言って心配をされる方もいるでしょう。この金利に関しても以前はかなり高い時もあったようですが、ここ最近では20%を下回り18%前後で落ち着く位の金利となっています。
 
昔は返済が滞ると取り立て業者が自宅にやってきて怖い思いをしたなどという話もありましたが、現在の大手金融業者でそのような取り立てを行っている場所はほとんどありません。
 
個人情報などの取り扱いやネット上での利用による安全面に関しても、業者事態の信用問題にかかわる部分なのでセキュリティー関連のガードに関しては業者でもトップクラスであると言われています。
 
このようなアコムですが、申込みに関して注意しなければいけない点があります。その一つが、申込み時に嘘の情報を書かない事です。
 
事業内容についてあまり他人に話したくないからや年収が少ないと借入金がれるかもしれないなどという心配から嘘をついてしまう方がいるようですが、業者の調査能力をもってすればすぐに嘘は見破られてしまうので意味がありません。嘘がばれてしまえば他の金融機関にも共有されてしまい今後融資を受けづらくなる可能性もあるので気を付けましょう。

 

タグ :

貸金業者 アコム 各ローン ビジネスローン

仮審査と本審査はどう違う?アコムの事例で説明します


スポンサーリンク

アコムの仮審査ってどんなものなのか

アコムに限らずに、消費者金融は無担保、無保証でお金を貸し出す代わりに、お金を融資したらきちんと相手が利息をつけて返済してくれるかを確認するために審査が行われます。
 
審査基準はそれぞれの業者によって異なりますが、返済可能と判断されれば融資してくれます。
 
そして、アコムの場合は審査には二種類あって、本審査を行う前に仮審査を行う事が出来ます。仮審査は必ずしも行う必要はありませんが、簡単な必要事項を入力するだけなので、すぐに結果が分かるのが特徴です。年齢と性別、独身なのか既婚なのか、あとは他社での借入件数と借入額を入力するだけで、審査を行う事が出来ます。
 
どうして仮審査が用意されているのかというと、お金を急いで借りたいという時には審査待ちをしている時間がもったいなく、それで審査落ちしてしまったら単に時間の無駄となっています。そういう事にならないように即座に大まかな診断結果が分かるようになっていて、それで融資不可能と判断されれば本審査をしても審査を通過できる見込みは少なく、わざわざ申し込む手間や時間を使わずに済むという訳です。
 
お金を借りたいという人は急いでいて早く結果を知りたいという人が多く、それに応えるために用意されています。
>>キャッシングでお金を借りる際、審査に落ちる人はどんな人?
 
 

あくまでも仮に過ぎないです

アコムの仮審査は入力する項目はわずかであり、すぐに審査結果を知る事が出来ます。
 
ただ、この審査の結果で融資可能であると判断されたとしても、仮の審査であるために本審査とは全く異なります。例えば、収入については入力する必要が無く、勤務先や勤続年数なども入力する必要が無いです。
 
本審査で必要となる情報の全てを入力しているわけでは無いのです。他社での借入件数や借入額が少なくて融資可能であると判断されたとしても、アルバイトやパートで収入もそれほど多くなくて総量規制に引っ掛かってしまうと借りる事が出来ない、といったように様々なケースが考えられます。
>>プロミスはパート、アルバイト、派遣社員であっても借入申込OK!即日融資も可能
 
また、他社での借入件数や金額については、両方の審査でつじつまが合うように同じ金額を入力したとしても、正直に入力していなければ意味が無いです。他社での借入件数と金額については、何も本人の自己申告だけで判別するという訳では無く、信用情報を照会する事によっても調べる事が出来ます。
 
この時に、審査での他社での借入件数や金額が全くデタラメであるという場合には、信用を無くしてしまって審査落ちをしてしまうのも仕方の無い事です。自己申告だからといってもきちんと情報は正直に入力する事が大事です。
 
 

アコムに申込む時には本審査だけでも良いのか

アコムに申込むのに結局落とされる可能性があるのであれば、はじめから本審査だけを行うという事も一つの考えです。
 
それほど時間はかからないとはいえ、一致しない可能性があるのであれば、入力する手間が掛かるだけ無駄ではないかと考える事も出来るからです。それはそれで間違ってはいないですが、仮で融資不可能と判断された場合には、実際に申込を行ったとしても審査を通過できる可能性は低く、その時点で諦めて他の業者への申し込みの準備などをすれば、少しは時間の節約をする事が出来ます。
 
また、本審査に申し込むとその記録が残ってしまいますが、仮の審査で融資不可能と判断された時点で申し込むのを止めておけば、申し込んだけれども融資を断られたという記録が残らないで済みます。
 
申し込みの記録が残る事に何か意味があるのか疑問に思う人もいるかもしれないですが、短期間のうちに何社も融資を断られてしまうと申し込みブラックと言って融資を受ける事が難しくなってしまいます
 
審査落ちして他の業者に申込もうとしたけれども、申し込みブラックでなければ借りられたのに申し込みブラックであったために借りる事が出来なかった、という事態を避けるのに役立ちます。

 

タグ :

貸金業者 アコム abc 審査