即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

お金を借りて返済が滞った場合~内容証明郵便が送付されたり、最悪裁判になる


スポンサーリンク

貸主からかの督促状について

お金を借りる場合は、貸主と取り決めた返済条件に基づき、支払いする義務があります。
 
万一、支払いが滞った場合には、貸主から支払いを求める督促状あるいは催告書が届くことがあります。これらの書面の内容は、おおまかに要約すると次のような内容となっています。
 
いついつ付で締結した金銭消費貸借契約書(契約を特定)にもかかわらず、約定通り支払がされていない。本書面到達後7日以内(日にち設定は自由)に支払いするよう求める。万一、支払されない場合には、法的手続きを取る。
 
貸主は借主に対し、上記内容の書面を内容証明郵便で送るのが一般的です。
 
 

内容証明郵便による送付について

内容証明郵便というのは、郵便局がこの書面の内容を保管しておき、後日問題が生じた場合には、いつ誰が誰にどのような内容の郵便を送付したかを証明してくれるものです。
 
差出人は借主でも構いませんが、より借主に心理的なプレッシャーをかけるため、弁護士名で送付することもあります。弁護士名で送付したからといって、特別な効力を持つものではありませんが、受け取った方は、すぐにでも裁判手続きに進むような錯覚を持つことがあり、直ちに返済しなければ大変なことになると思わせる効果があります。
 
金銭貸借の際、担保権の設定や連帯保証人を付けている場合、督促状等でも反応が無いときは、担保処分や保証人に対して直接請求することになりますが、無担保無保証の場合は、早い段階で裁判手続きに入ることもあります。
 
 

期限の喪失条項について

金銭消費貸借契約書には多くの場合、期限の利益の喪失条項が記載されています。
 
これは、仮に当初10年間の分割返済契約を締結したとすると、貸主としては途中で全額支払えとは言えませんので、これが借主にとっての期限の利益となります。
 
ところが、一定条件を満たした場合には、この期限の利益を喪失させることできる条項があると、例えば支払いが数か月滞った場合には、貸主は借主に対し、期限の利益を喪失したので、残金全額を直ちに支払えということができるというものです。
 
そうなりますと、残金全額を用意できないと自己破産に追い込まれることもありますので、注意が必要です。

 

abc 返済

TV番組であるような怖い取り立ては、闇金やソフト闇金以外の違法な業者以外はありません


スポンサーリンク

勤務先にばれないようにお金を借りるには

消費者金融でお金を借りるのにあたって、勤務先に隠しておきたいと思うのは当然です。
 
どうしてもお金が必要で返済に問題がなくても、まだ借金というイメージはあります。場合によっては、勤務先での評価に関わってしまうこともあるでしょう。消費者金融を利用するときは勤務先にばれるリスクを出来るだけ避けたいものです。
 
まず申し込み時の問題ですが、消費者金融への直接の出入りは避けましょう。
 
インターネットや電話での申し込みが可能ですし、郵便物のやりとりも自宅宛のみです。またローン契約機などでの申し込みも可能で、これなら即時カードローンも発行されます
 
借り入れ方法は指定口座への振り込みもしくはATMの利用をしての引き出しが可能になります。指定口座へ振り込んでもらえば、通常の自分のキャッシュカードで普通にお金を引き出せます。ATMでの借り入れも、提携金融機関のATMの利用が可能な場合がほとんどなので勤務先近くのコンビニエンスストアで引き出したとしてもわかりません。
 
あとは当然ですが、支払期日を守ることが先決です。ただし、うっかりしていたりして、万が一期日に間に合わなかったらどうなってしまうのでしょうか。
 
 

法律で無理な取り立ては禁止されている

消費者金融で借りるのに、一番不安なのが、万が一の場合の取り立てです。大勢の人が、昼夜関係なく自宅や親族関係、勤務先などにおしかけてくるようなイメージがついています。
 
けれども、無理な取り立ては法律で禁止されています。守らないと、営業もままならなくなりますから、消費者金融がそのような取り立てを行う事はないので安心できます。
 
では、法律で禁止された取り立ては、どのような行為になるでしょうか。それは、大人数で利用者に押しかける、午前8時から午後9時までの時間以外に電話をしたり訪問したりする、無関係の第三者に借金利用の事実を知らせる、恫喝・恫喝、勤務先への訪問などです。またテレビドラマで見るような、玄関先への張り紙なども禁止されています。
 
これらの行為を取れば刑事罰を受ける可能性もあります。ですので、しっかりした消費者金融を選べば、勤務先にバレるリスクはなくなりますので安心です。
 
ただきちんと法律を守るのは、正規の賃金業者ということになります。もともと正規の登録をしていない違法業者、いわゆる闇金融に手を出しては元も子もありません。違法業者を利用しないようにしておくことが大切といえるでしょう。
>>闇金からお金を借りる恐ろしさ~ヤミ金でお金を借りてしまった場合はどうする?
 
 

支払期日を守り、連絡が取れる体制をつくっておく

法律で守られているとはいえ、やはり支払期日は必ず守るように心がけなければなりません。
 
消費者金融は、当然ですが約束期日までに支払うことを前提として、信用情報に基づき貸しているわけです。支払期日に遅れるようなことがあれば、いずれかかのタイミングで消費者金融も取り立てを行わなければならなくなります。
 
まずは電話での連絡や自宅への督促状送付という方法がとられますが、それでも支払われなかった場合は止むを得ず勤務先に連絡をとることもあります。
 
もちろん、違法行為ですので、消費者金融が第三者に対して、借金を知らせることはありません。勤務先に電話連絡をしたとしても、電話した理由を会社の人に話すことは法律上でもできないのです。けれど何度も連絡がきたりすれば、不審に思われることになりかねません。
 
そうならないためには、まず支払期日は必ず守ることは当然ですが、万が一遅れてしまった場合は、消費者金融からの連絡を取れるようにしておく必要があるでしょう。
 
住所や電話番号が変わった時には、即時消費者金融へ連絡することを忘れないようにしておきましょう。連絡が取れる状態であれば、期日に遅れたとしても、利息がかさむだけで済みます。

 

abc 返済

闇金からお金を借りる恐ろしさ~ヤミ金でお金を借りてしまった場合はどうする?


スポンサーリンク

借金で生じるトラブル

現在ではさまざまなところからお金を借りることが出来るようになりましたが、金銭というのは現代において最もわかりやすい価値であるためにトラブルが絶えません。
 
実際に発生するトラブルの事例はそれぞれのケースによって異なりますが、その中でも借りる側にとって大きな問題となるのが不当な請求です。例えば1万円しか借りていないにも関わらず1ヶ月後に100万円を返せと言われたのであれば、借りた側にとっては納得できないことになるでしょう。
 
実際こうした膨大な利息の請求は法律によって禁じられているのですが、それでも毎年こうしたトラブルは報告されています。
 
中でも過去から多いのが「闇金」と呼ばれるような業者とのトラブルですから、そうした業者は利用しないように心がけましょう。
 
 

闇金とはそもそもどんな業者なのか

しかしこの「闇金」という言葉は広く使われてこそいるものの、その定義については曖昧だという人が少なくありません。
>>ソフト闇金も闇金と同じ~甘い審査に誘われてもお金を借りる事は絶対に避けること
 
そもそもこの言葉の定義としてはどういったことが挙げられるのかというと、一般的には「行政に対して適切な届け出をしていない貸金業者」ということになります。
 
正確に言えば届出をしていない時点で貸金業者では無いのですが、通常消費者に対して事業として金銭を貸し付けて利息を請求するには各都道府県知事の許可を得なくてはなりません。その許可を得ずに事業を営むのは違法事業者であり、まさに闇金であると言えるわけです。
 
そのほとんどは届け出をするという第一歩すら守っていないのですから、法律を無視した違法な貸し付けを行って不当に利益を得ていくことになるのです。
 
 

闇金でトラブルに遭ったらどうすれば良い?

さて、とはいっても現実的にはお金が必要で利用してしまったり、そもそも闇金と知らずに借金をしてしまうこともあるでしょう。そうした場合にはどうすれば良いのかというと、これはやはり弁護士に相談をするべきです。
 
特に闇金からの借金が返済できなくなって生活に苦慮するようになってしまったり、また悪質な取り立ての被害に遭っているというようであれば速やかに相談するべきでしょう。
 
参考:
アディーレ法律事務所
http://www.adire.jp/yamikin/
 
法テラス
http://www.houterasu.or.jp/service/shakkin/yamikin/
 
もし取り立ての被害が大きいのであれば、併せて警察にも相談をするべきです。
 
そうした手段を取れば法的な方面からのアプローチによって問題を解決できる可能性があります。もちろん本来は最初から関係を持たないことがベストなのですが、万が一トラブルになってしまった時は必ず専門家の手を借りるようにしましょう。

 

知恵袋 abc 返済

リボ払いでお金を払うことのメリットとデメリット~メリットは返済金額を固定できる


スポンサーリンク

リボ払いとはどんな支払方なのか

事業者などからお金を借りる際にはその返済方法について事前に検討しておく必要があります。
 
一括・分割などがこれまでの主流でしたが、最近コマーシャルなどで取り上げられる方法となっているのがリボ払いです。リボ払いは方法として「借金を毎月一定額で返済する」という方法で、希望の分割回数に応じて支払額が変わる分割払いとは全く性質として異なるものです。
 
キャッシングやカードローンなどの業界においてもこのリボ払いの方法は主流となってきており、例えば大手消費者金融のプロミスなどでもこの方法は採用されており、例えばプロミスで年利17.8%の条件で20万円借りた場合だと毎月7,210円の支払いを36ヶ月続ければ完済です。
 
返済期間は長いですが、月々の負担額が分かりやすいのはメリットと言えます。
 
 

リボ払いは元金が減りづらい

このようにリボ払いはメリットも大きいのですが、その分「元金が減りづらい」という大きなデメリットもあることは注意が必要です。
 
分割払いの場合は完済までの期間を定めてそこに金利をかけ、算出された総額を事前に定めた回数で支払っていくため、元金についてもある程度自由にコントロールできます。
 
ですがリボ払いの場合は毎月決まった額を支払いつづけるため利息額が分かりづらい上、大手消費者金融が採用する残高スライド元利定額返済方式と呼ばれる方法では借入残高に比例して利息が占める割合が大きくなりますので、「どれだけ支払っても元金が減らずに完済できない」ということもあり得てしまうのです。
 
この点は必ず事前に理解しておき、事前によく計算してからお金を借りるようにしなくてはならないポイントです。
 
 

リボ払いを上手く活用する方法

さて、リボ払いはこのようにメリットもデメリットも非常に大きな方法であると言えます。
 
そうした方法だからこそ、リボ払いを利用する際にはそれを活用する方法についても知っておかなくてはなりません。特に最大のメリットである毎月の出費が固定できるということを活かすことが出来るかどうかというところについては重要なポイントになるでしょうし、また元金をより効率的に減らすためにも繰り上げ返済を行っていくことを検討するべきです。
 
例えばボーナスが入ってくることがわかっているのであれば事前にリボ払いで契約しつつ、ボーナスが入った月にはその翌月以降の残債も含めて一気に完済してしまうと言ったような方法は非常に賢い使い方でしょう。
 
お金を借りる際にはこうしたことが可能かどうかも確認してください。

 

abc 返済

お金を借りていた消費者金融が倒産した場合、借入していたお金に返済義務はある?


スポンサーリンク

過払い金裁判のために消費者金融の経営は悪化している

消費者金融はあまり倒産をするイメージが多くない業種ではありますが、最近は経営が傾いたり、他社と合併したり、あるいは経営破綻してしまうところも出てきています。
 
そういったことが増えている要因の一つが、過払い金請求裁判がずっと続いていることです。高い利息を取っていた消費者金融であれば、裁判をされれば確実に負けて、取り過ぎた利息を返金しなければなりません。
 
そして、高い利率を設定した消費者金融は中小の会社が少なくないので、過払い金を返済出来なくなっているのです。大手の会社はなんとか返済をしていますが、それでも、以前と比べれば株価が大きく下がっている会社が少なくありません。
 
過払い金を返済出来なくなるとどうなるのかというと、裁判を起こした人たちに差し押さえをされてしまいます。当然、そんな状況では営業を続けていけないので、他の会社に吸収される形で合併したり、または倒産してしまうわけです。
 
では、倒産してしまった消費者金融からお金を借りていた人の債務はどういう扱いになるのでしょうか。倒産すれば債務がなくなるということはあるのでしょうか。それとも、なんらかの形で返済しなければならないのでしょうか。
 
 

借入先が潰れたとしても借金が帳消しになるわけではない

まず、基本的に借入先が倒産してしまったからといって、借金が帳消しになるということはありません
 
というのは、潰れた消費者金融に融資を行っていた会社もあるので、そういった会社が残った資産を山分けするからです。その中には、債権、つまり客の借金も含まれています。
 
では、債権はどういったところに売却されるのかというと、まず、債権回収会社があります。こういった会社では、債権を額面と同額ではなく、もっと安い値段で買って、利益を出しています。
 
たとえば、ある人が50万円の借金をしたという債権を買う場合、それを10分の1程度の5万円で買って、50万円を自社に返済してもらえば45万円の利益が出るというわけです。ただ、潰れた会社の債権というのは、必ずしも、取り立てが困難な不良債権ばかりというわけではないので、あまり安く買えない場合もあります。
 
また、別の貸金業者が債権を譲り受けるという場合もあります。この場合、客にとっての新たな借入先は、債権を譲り受けた会社ということになり、今度はその会社に対してお金を返済したり、あるいはお金を借りたりということになります。
 
どちらの場合であっても、債権が古い借入先から新しい借入先へと移った時点で客に通知が届きます。
 
 

債権回収会社が古い債権を督促してくる場合

では、債権が別の会社に移った場合、客はどのような対処をすればいいのでしょうか。これは、特に何もする必要はありません。
 
債権が移ったという通知には、返済先などについても書かれているので、書かれていることに従えば問題はありません。
 
それでは、たとえば、最初の借入先にお金をずっと返済しておらず、その借入先が潰れてしまったという場合は何か変更はあるでしょうか。
 
そのことで時効までの時間がストップするということはありません。なので、債権が移ったという連絡が来ても、最初の借入先に返済をしなくなって5年以上経過すれば、時効の援用は可能です。
 
希に債権回収会社が、潰れた会社から時効になる期間が経過した債権を格安で買って、督促状を送ってくる場合があります。こういった債権は額面がいくらであってもただみたいな値段で変えるので、もし、援用すれば時効になるということを知らずに返済してくる人がいれば、それだけで利益になりますし、また、返済したことで時効の期間がリセットされるので、そこから裁判を起こせば債務名義を取ることが出来て、差し押さえも可能になります。
 
なので、昔の借金の督促が取らない会社から届いた時には注意しましょう。

 

知恵袋 abc 返済