即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

カードローンで即日借入するためには

カードローンとは

スポンサーリンク


カードローン(=キャッシング)とは、ひとことで言えばお金の借り入れのことです。銀行や信販会社、消費者金融など、たくさんの業者がカードローン商品を取り扱っています。以前は、「キャッシング」といえば消費者金融のキャッシュディスペンサーからお金を借り入れ、数日後、あるいは1ヶ月後という比較的短い期間で一括返済するような形態のものをさしていましたが、現在はリボルビング払いによる返済に対応している業者がほとんどで、たとえば銀行でいう「カードローン」とほとんど変わらないものとなっています。

キャッシングが他のローンなどの借り入れと大きく違うのは、原則として無担保・無保証・目的自由なことです。たとえば住宅ローンを組む際には、通常購入した不動産を担保に入れます。キャッシングでは保証会社の審査に通る必要がありますが、それ以外には担保や連帯保証人が求められることはほぼないといってもいいでしょう。

キャッシングにはいろいろな方法があり、以前主流だった専用カードを持って金融機関のATMから借入金を引き出す方法だけではなく、最近ではインターネット上からの申し込みや専用電話番号への電話1本ですぐに自分の口座に振り込まれるという、誰にも知られずすぐお金を借入れる方法もあります。

そして返済はリボルビング払いを基本とし、返せるときに一括返済や増額返済も可能となっている業者がほとんどです。また、1週間ないし1ヶ月程度で返済する場合は利息がかからないという業者もあります。借りたお金をどのように使い、どのように返すかを考え、自分にあった業者を選択しましょう。

スポンサーリンク

即日借入するためには?

キャッシングを利用して即日借入を行う際には、様々な要素が必要になってきます。金利や限度額などは、利用する金融機関の形態はもちろん金融機関によっても大きく変化するものであるため、自分の利用しやすいと思った金融機関から必要な金額を借入することが必要不可欠な要素といっても間違いではないでしょう。そんなカードローンで借入をする場合に欠かせない要素の一つが、借入の申し込みを行ってからどれくらいの期間で実際に資金を融資してもらうことができるかということにあります。

キャッシングを利用するに当たって、借入を申し込んでから、実際に資金が振り込まれるまでにかかる時間の中でも、特に時間のかかるものとなるのが、その人に借入した金額を返済することができるだけの能力が備わっているかの判断を行うための、審査といわれる項目です。審査によってその人が返済するだけの能力を持っているかどうかを判断することは、キャッシングを展開している金融機関を経営していくためには欠かせない要素であり、とても重要な役割を担っています。

近年では審査にかかる時間をできる限り短くすることを目指している金融機関も数多く存在しており、そういった金融機関の中には、申し込みを行ったその日のうちに利用することができる即日融資ということを売り物にしているところも多く、申し込んですぐに借入ができるという点では利用しやすいキャッシングサービスの条件の一つと見ていいでしょう。
>>セブン銀行カードローンは少額融資ではあるが即日融資も可能である
>>バンクイックで即日融資を受ける方法はスマホで申し込んだ後、無人機で。最短40分間!

また即日借入を可能としているキャッシングを行っている金融機関の多くは、インターネットによる申し込みを行っているということも特徴の一つです。

銀行カードローンで借入

貸金業法が改正され、施行された結果、専業主婦がキャッシングを申し込んで審査に通るのはきわめて難しくなったといわれています。ですが、キャッシングやカードローンを取り扱う全ての業者で通らなくなったかといえば、実は専業主婦でも申し込みが出来るところがあるのです。

それは銀行のカードローンです。信販会社や消費者金融は、貸金業法の適用を受ける業者ですので、改正貸金業法の総量規制も適用されます。つまり専業主婦は配偶者貸付を利用するか、あるいはそもそもその業者の方針で利用できないのですが、銀行は貸金業法の適用を受けません。もちろん、銀行独自の審査に通る必要はありますが、専業主婦でキャッシングをしたい場合、狙い目は銀行のカードローン一択です。 >>専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンでしかお金を借りられません


たとえば楽天銀行やイオン銀行では、専業主婦からの申し込みも受け付けています。楽天銀行は、サイト内に専業主婦専用の申し込みページもあります。じぶん銀行など、ネットバンクでは比較的専業主婦でも借りられるところが多いようです。

意外なことに、大手メガバンクのカードローンも申し込みが出来るところがあります。たとえば三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行は、「本人に収入がなくて配偶者に安定した収入がある場合」という要件があり、専業主婦(主夫)も利用できます。地銀でも様々なサービスがあります。お住まいの地域の地銀を調べてみましょう。

ただ、銀行でお金を借入れるならば、やはり今までの信用情報で事故がないことが要求されます。そういう方面での審査は他業種より厳しいでしょう。必要に備え、いろいろと調べておきましょう。

消費者金融で借入

消費者金融というと、以前はサラ金と呼ばれて、過剰な取り立てなどの報道があったりして何となくダーティーなイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。ひょっとしたら、お金を借りたいときに最後に行き着くところと考えている人もいるかもしれません。ですが、昨今は法律での規制がずいぶん強化され、利子や回収についても改善されて、大手ですと銀行や信販会社並みのサービスがあるところもあります。

消費者金融は個人向けの現金の貸付に特化した企業ですので、それぞれいろいろな特色を持っています。女性ならではの目的別ローンがあったり、借入後30日以内の返済ならば無利子ですんだり、他にもいろいろなサービスがある業者もありますので、自分にあった業者を見つけられたらいいですね。

ただ、消費者金融は貸金業法の適用を受ける貸金業者ですので、やはり総量規制の対象になります。もちろん配偶者貸付が利用可能であればいいのですが、信販会社と同じく、専業主婦は申し込みすら出来ないという業者の方が圧倒的です。お勤め先がある人という条件がある業者ですと、自営業をしている主婦でも申し込みを受け付けてもらえないでしょう。

ただ、中小をよく探せば、専業主婦も相談に応じるという会社もあります。あまり聴いたことのない名前の企業でも、しっかりした経営を行っているところはあります。もし不安ならば、金融庁のホームページから国に登録している業者を全部確認できますので、そこを見てから申し込みましょう。

信販会社で借入

ジャックスなど、一般的に信販会社といわれる企業は貸金業者ではありませんが、クレジットカードのキャッシング機能を提供したり、独自のカードローンを提供する場合は、その業務に限り貸金業法の適用を受けます。ですから、私たち消費者が信販会社のキャッシングを利用する場合は総量規制がかかります。

専業主婦の場合、総量規制の例外で配偶者貸付という規定が適用されるので、法的には全く借入が出来ないというわけではありません。しかし、実情として、専業主婦が信販会社のローン専用カードの入会申し込みをしようとしても、どの信販会社でも申し込み要件すら満たさないので出来ないというのがほぼ現実でしょう。貸金業法が改正された背景のひとつに、専業主婦が夫に内緒で借りることで返済不能に陥り、家庭崩壊を招いた実例が多かったこともありますから、配偶者の同意があったとしても実際に貸付を行うのは企業にとってはリスクになります。

主婦といっても、安定かつ継続した収入がある人ならば申し込みは出来るので、働いている兼業主婦ならば正社員かどうかにかかわらず、基本的には申し込みが出来ます。ただ、勤続年数や年収額に制限を設けている会社も多く、短期の派遣やパートを繰り返していたり、扶養内のみの場合ですとそういった要件に届かない場合があります。ある程度勤続していれば、源泉徴収票が手元にあったり、なくても自治体から所得証明がとれるので、そちらで確認しましょう。

スポンサーリンク


ゆうちょ銀行でお金を借りられるのか~カードローンでの借入は可能である


スポンサーリンク

ゆうちょはローンを提供していません

ゆうちょ銀行を使い慣れている人には残念ですが、ゆうちょではカードローンを提供していません。しかしゆうちょ銀行がスルガ銀行のカードローンを媒介する形で、ゆうちょ銀行でカードローンの契約をすることは可能です。この場合借入先はスルガ銀行になります
 
スルガ銀行は静岡県にある金融機関です。スルガ銀行の口座を持っていなくても契約することができますが、スルガ銀行はTポイントと提携している珍しい金融機関です。銀行カードローンの利用額に応じてポイントも貯まるようになりました。
 
定額返済の場合1%がポイントとして還元されます。随時返済はポイント還元の対象外となっているので注意が必要です。お金を借りるのにポイントが貯まるのは他行にはないうれしいキャッシュバックです。
 
そういった面で契約した金利より1%低い契約であると考えても問題ありません。Tポイントはコンビニエンスストアやスーパー、飲食店などで利用することができます。
 
 

ゆうちょのクレジットカードはキャッシング金利が低い

クレジットカードにはキャッシング機能があるものも多くありますが、その多くは18%の契約となっています。100万円以上借りられるような大口の契約の場合は利息制限法によって15%の金利となっているものもあります。
 
ゆうちょはキャッシングカードと一体化してうるクレジットカードを発行しています。このクレジットカードにもキャッシング機能をつけることができます。金利は限度額が低くても15%となっているので、他のカードと比較しても低い金利で借入ができます。
 
カードローンは発行していませんがキャッシングができるので、事実上ゆうちょで借金をすることは可能なのです。VISAとJCBから選ぶことができます。また会員優待サービスというものがあり、見せるだけで割引対象となる施設が全国にあります。遊園地や温泉、カラオケなどが割り引き対象となっており、クレジットカードを利用しなくても会員になっているだけで特典を得ることができます。
 
 

スルガ銀行の利用できる場所

スルガ銀行はATMの提携をしていますので、全国で利用することができます。ゆうちょ銀行から申し込んだ場合、スルガ銀行と保証会社の審査が入ったあと、申込書と必要書類の送付になります。紙での申込となるため、郵送に時間がかかります。
 
またカードの受取も郵送になっているので、1週間前後かかると見ておいて良いでしょう。郵送による手続きが入るとどうしても即日契約の即日融資はできません。最初の審査の結果は電話で受けることができるので、30分程度で合否が出ます。
 
もし審査に落ちてしまった場合は別の金融機関に申込を行うことができます。ただし短期間にたくさんの申込をしてしまうと、申込ブラックという状態になって通るはずの審査も通らなくなってしまうことがあるので気をつけなくてはなりません。
 
銀行系のローンは審査が元々厳しくなっているため、すぐにお金が必要であったりどうしても契約が必要な場合は別の金融機関を選ぶのも手です。

 

地方銀行、信用金庫、その他金融機関

イオンカードのクレジットカードとイオン銀行カードローンの相違点とは?


スポンサーリンク

イオンカードと銀行カードローン

お金を借りるときには、ローンの場合には消費者金融か銀行かなどがあります。また、キャッシングという選択肢もあります。
 
イオングループを利用する場合、イオンカードを使ったキャッシングとクレジットカードの両方を使用することが可能です。キャッシュを使用する場合と、ローンを利用するのとでは、それぞれ金利や限度額などに違いがあります。利用額など、用途に合わせて選択するとよいでしょう。
 
イオンでのキャッシュを利用する場合には、借入の限度額は300万円までとなっています。金利は7.8%~18%で審査は最短即日です。インターネットによる申込を受け付けていて、アルバイト等でも申込ができます。50万円以下の借入の場合には、収入証明書などが不要で手続きが可能です。
 
クレジットカードなので、総量規制の対象となっており、限度額は申込者の収入によって違いがでてきます。借金や債務整理の過去があると、申込をしても審査の通過は難しいでしょう。
 
 

イオン銀行のカードローンについて

イオン銀行のカードローンを利用する場合には、借入の最高限度額は800万円となります。金利は3.8%~13.8%で、20歳以上65歳未満の人が対象です。安定した収入があることが条件となりますが、パートやアルバイトでも限度額は少額になりますが契約が可能です。
 
キャッシュと同様にインターネットでの申込を受け付けています。ネットや銀行を通して借入が可能で、返済は口座振替や振込で行います。
 
銀行法の対象となっているので、総量規制の法律には該当せず、収入証明書は300万円を超える借入の場合に必要です。総量規制は収入の3分の1までしか借入ができないことを定めた法律で、消費者金融などの貸金業者はこの法律を遵守する必要があります。
 
キャッシュの場合もこの規制の対象となりますが、銀行のローンの場合には対象外となるのが違いです。また金利は少額の場合、キャッシュを利用すると高くなってしまうので、イオン銀行ローンのほうをおすすめします。
 
 

イオンカードの特徴と法律について

イオンカードは、そのカードの種類が豊富であることが特徴です。クレジットの機能もVISAやJCBなど、いくつか種類を選ぶことができ、ディズニーが好きな人向けのカードも存在します。また年会費は無料です。
 
イオングループのカードと銀行のローンにはいくつか違いがありますが、それはお金を貸すために定められている法律が、それぞれ異なっていることが大きく影響しています。
 
銀行のカードローンは銀行法に、クレジットカードは消費者金融などと同じ貸金業法の範囲内で営業を行っています。キャッシングや消費者金融の場合には、総量規制によって借入の限度額の影響を受けるので、高額の融資は難しいです。最初は30万円程度の借入から始まり、契約が更新される際や返済が滞りなく行われた場合に、その限度額が段階的に上がっていきます。
 
収入の範囲内での増額が可能ですが、時間がかかります。高額での融資を受けたい場合には、銀行のローンを利用したほうがよいでしょう。

 

地方銀行、信用金庫、その他金融機関