即日借入

即日借入も可能な即日審査のカードローン

カードローンで即日借入するためには

カードローンとは

スポンサーリンク


カードローン(=キャッシング)とは、ひとことで言えばお金の借り入れのことです。銀行や信販会社、消費者金融など、たくさんの業者がカードローン商品を取り扱っています。以前は、「キャッシング」といえば消費者金融のキャッシュディスペンサーからお金を借り入れ、数日後、あるいは1ヶ月後という比較的短い期間で一括返済するような形態のものをさしていましたが、現在はリボルビング払いによる返済に対応している業者がほとんどで、たとえば銀行でいう「カードローン」とほとんど変わらないものとなっています。

キャッシングが他のローンなどの借り入れと大きく違うのは、原則として無担保・無保証・目的自由なことです。たとえば住宅ローンを組む際には、通常購入した不動産を担保に入れます。キャッシングでは保証会社の審査に通る必要がありますが、それ以外には担保や連帯保証人が求められることはほぼないといってもいいでしょう。

キャッシングにはいろいろな方法があり、以前主流だった専用カードを持って金融機関のATMから借入金を引き出す方法だけではなく、最近ではインターネット上からの申し込みや専用電話番号への電話1本ですぐに自分の口座に振り込まれるという、誰にも知られずすぐお金を借入れる方法もあります。

そして返済はリボルビング払いを基本とし、返せるときに一括返済や増額返済も可能となっている業者がほとんどです。また、1週間ないし1ヶ月程度で返済する場合は利息がかからないという業者もあります。借りたお金をどのように使い、どのように返すかを考え、自分にあった業者を選択しましょう。

スポンサーリンク

即日借入するためには?

キャッシングを利用して即日借入を行う際には、様々な要素が必要になってきます。金利や限度額などは、利用する金融機関の形態はもちろん金融機関によっても大きく変化するものであるため、自分の利用しやすいと思った金融機関から必要な金額を借入することが必要不可欠な要素といっても間違いではないでしょう。そんなカードローンで借入をする場合に欠かせない要素の一つが、借入の申し込みを行ってからどれくらいの期間で実際に資金を融資してもらうことができるかということにあります。

キャッシングを利用するに当たって、借入を申し込んでから、実際に資金が振り込まれるまでにかかる時間の中でも、特に時間のかかるものとなるのが、その人に借入した金額を返済することができるだけの能力が備わっているかの判断を行うための、審査といわれる項目です。審査によってその人が返済するだけの能力を持っているかどうかを判断することは、キャッシングを展開している金融機関を経営していくためには欠かせない要素であり、とても重要な役割を担っています。

近年では審査にかかる時間をできる限り短くすることを目指している金融機関も数多く存在しており、そういった金融機関の中には、申し込みを行ったその日のうちに利用することができる即日融資ということを売り物にしているところも多く、申し込んですぐに借入ができるという点では利用しやすいキャッシングサービスの条件の一つと見ていいでしょう。
>>セブン銀行カードローンは少額融資ではあるが即日融資も可能である
>>バンクイックで即日融資を受ける方法はスマホで申し込んだ後、無人機で。最短40分間!

また即日借入を可能としているキャッシングを行っている金融機関の多くは、インターネットによる申し込みを行っているということも特徴の一つです。

銀行カードローンで借入

貸金業法が改正され、施行された結果、専業主婦がキャッシングを申し込んで審査に通るのはきわめて難しくなったといわれています。ですが、キャッシングやカードローンを取り扱う全ての業者で通らなくなったかといえば、実は専業主婦でも申し込みが出来るところがあるのです。

それは銀行のカードローンです。信販会社や消費者金融は、貸金業法の適用を受ける業者ですので、改正貸金業法の総量規制も適用されます。つまり専業主婦は配偶者貸付を利用するか、あるいはそもそもその業者の方針で利用できないのですが、銀行は貸金業法の適用を受けません。もちろん、銀行独自の審査に通る必要はありますが、専業主婦でキャッシングをしたい場合、狙い目は銀行のカードローン一択です。 >>専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンでしかお金を借りられません


たとえば楽天銀行やイオン銀行では、専業主婦からの申し込みも受け付けています。楽天銀行は、サイト内に専業主婦専用の申し込みページもあります。じぶん銀行など、ネットバンクでは比較的専業主婦でも借りられるところが多いようです。

意外なことに、大手メガバンクのカードローンも申し込みが出来るところがあります。たとえば三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行は、「本人に収入がなくて配偶者に安定した収入がある場合」という要件があり、専業主婦(主夫)も利用できます。地銀でも様々なサービスがあります。お住まいの地域の地銀を調べてみましょう。

ただ、銀行でお金を借入れるならば、やはり今までの信用情報で事故がないことが要求されます。そういう方面での審査は他業種より厳しいでしょう。必要に備え、いろいろと調べておきましょう。

消費者金融で借入

消費者金融というと、以前はサラ金と呼ばれて、過剰な取り立てなどの報道があったりして何となくダーティーなイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。ひょっとしたら、お金を借りたいときに最後に行き着くところと考えている人もいるかもしれません。ですが、昨今は法律での規制がずいぶん強化され、利子や回収についても改善されて、大手ですと銀行や信販会社並みのサービスがあるところもあります。

消費者金融は個人向けの現金の貸付に特化した企業ですので、それぞれいろいろな特色を持っています。女性ならではの目的別ローンがあったり、借入後30日以内の返済ならば無利子ですんだり、他にもいろいろなサービスがある業者もありますので、自分にあった業者を見つけられたらいいですね。

ただ、消費者金融は貸金業法の適用を受ける貸金業者ですので、やはり総量規制の対象になります。もちろん配偶者貸付が利用可能であればいいのですが、信販会社と同じく、専業主婦は申し込みすら出来ないという業者の方が圧倒的です。お勤め先がある人という条件がある業者ですと、自営業をしている主婦でも申し込みを受け付けてもらえないでしょう。

ただ、中小をよく探せば、専業主婦も相談に応じるという会社もあります。あまり聴いたことのない名前の企業でも、しっかりした経営を行っているところはあります。もし不安ならば、金融庁のホームページから国に登録している業者を全部確認できますので、そこを見てから申し込みましょう。

信販会社で借入

ジャックスなど、一般的に信販会社といわれる企業は貸金業者ではありませんが、クレジットカードのキャッシング機能を提供したり、独自のカードローンを提供する場合は、その業務に限り貸金業法の適用を受けます。ですから、私たち消費者が信販会社のキャッシングを利用する場合は総量規制がかかります。

専業主婦の場合、総量規制の例外で配偶者貸付という規定が適用されるので、法的には全く借入が出来ないというわけではありません。しかし、実情として、専業主婦が信販会社のローン専用カードの入会申し込みをしようとしても、どの信販会社でも申し込み要件すら満たさないので出来ないというのがほぼ現実でしょう。貸金業法が改正された背景のひとつに、専業主婦が夫に内緒で借りることで返済不能に陥り、家庭崩壊を招いた実例が多かったこともありますから、配偶者の同意があったとしても実際に貸付を行うのは企業にとってはリスクになります。

主婦といっても、安定かつ継続した収入がある人ならば申し込みは出来るので、働いている兼業主婦ならば正社員かどうかにかかわらず、基本的には申し込みが出来ます。ただ、勤続年数や年収額に制限を設けている会社も多く、短期の派遣やパートを繰り返していたり、扶養内のみの場合ですとそういった要件に届かない場合があります。ある程度勤続していれば、源泉徴収票が手元にあったり、なくても自治体から所得証明がとれるので、そちらで確認しましょう。

スポンサーリンク


複数の借入件数や借金の支払総額を減額したい場合はおまとめローン


スポンサーリンク

キャッシングのメリットとデメリット

キャッシングは現金を引き出すという意味であり、日本では消費者金融が行っている融資サービスや、クレジットカードのキャッシングサービス、また銀行など行っているカードローンなどを指しています。
 
キャッシングは目的ローン商品と異なり、あらかじめ契約をしておき融資枠を設定し、その融資枠内であればお金をいつでも借りることができるため、いつでも現金を用意できるメリットがあります。
 
また銀行のカードローンによっては、信用力が高ければ目的ローンと変わらない低金利での借り入れが可能であり、ちょっとした買い物から大きな買い物まで幅広く使える、利便性に優れるローン商品です。
 
一方でデメリットは、利便性に優れるため借りすぎるという点です。また限度枠に関しては最大で1000万円ぐらい設定できるものもありますが、一般的な信用力では100万円までの限度額となります。
 
またお金を借りた以上は、金利を支払う必要がありますが、信用力が低い場合には金利が大きく負担が大きいという点があります。特に利用しやすい消費者金融はその傾向が強いため借りすぎると月々の返済額が多くなり日常生活に支障をきたすほどの負担を受ける可能性があります。
 
 

借りすぎた場合の対処法

キャッシングを利用して借りすぎた場合の対処法としては、自力で返済に専念する方法と、ほかの力を借りて完済を目指すか、借金そのものを減額または免債してもらうといったものがあります。
 
もっとも正しいのは自力で返済に専念することであり、返済に十分な収入があるのであれば、新規の借り入れをやめ収入の枠内で生活を行い返済を再優先することです。常識的な借り入れであればこれで返済することが可能です。
 
また複数のキャッシングを利用しているのであれば、おまとめローンを使ってまとめてしまうのもひとつの手段です。
 
しかし、借金の残高が収入からみて返済が困難または月々の返済額に対して収入が足りないといった場合には借入先に減額を求めるか法的処理を行って免責してもらうというものがあります。いずれも債務整理と呼ばれるもので減額を求めるものとしては任意整理、個人再生があり、すべての借金をなくすものは自己破産になります。
 
いずれの場合にも信用力が著しく傷つき、5年から10年程度は新規の借り入れや申し込みが行えなくなりますし裁判所を通して処理をした場合には官報に住所と氏名が掲載されます。特に自己破産を行うと法的なペナルティが大きく社会的な信用力が失われます。
 
 

おまとめローンを使うメリット

キャッシングで増えすぎてしまった借金を少しでも減らすのに有効なのがおまとめローンです。キャッシングで月々の返済額が増大するポイントとしては複数のサービスを利用するといった状態です。
 
これを多重債務といいますが、多重債務になると一ヶ月の間に複数の返済日が設定されますし、金利も高くなるため本来、ひとつのサービスを利用していれば支払う必要のない金利を支払うことになります。
 

 
このため返済額の内訳でも金利が大きく占めることになり返済期間が長引きます。さらにその間に借り入れを行うことで、借金の返済がさらに伸びるといった状態に陥ります。
 
おまとめローンではそれらの借金を一本化して返済日を統一し、さらに返済額の減額が期待できるものです。返済日を一本化できれば管理が簡単になり計画的に返済が行なえますし、一本化することで金利負担が減り月々の返済額が実質的に減額することが期待できます。

無担保型で債務の一本化

・第三銀行「エグゼクティブ One」(4.100%~7.100%)
・静岡中央銀行 しずちゅうCSフリーローン(4.000%~14.500%)
・中京銀行 多目的ローン(4.200%~9.200%)
・八千代銀行 八千代のフリーローン(4.300%~14.500%)
・大垣共立銀行 ライフプラン「ポピュラーローン」(4.500%~10.500%)
・南都銀行 フリーローン(ビッグパーソナルローン)(4.575%~8.175%)
・トマト銀行 トマト・借換え専用フリーローン「ひとまとめ」(4.800%~13.800%)
・滋賀銀行 『しがぎん』Sカードローン(サットキャッシュ)(4.800%~14.900%)
・楽天銀行スーパーローン(4.900%~14.500%)
・姫路信用金庫 ひめしんフリーローン“かりとく”(5.000%~14.500%)
※限度額500万円
 
またおまとめローンは消費者金融などのほか銀行が提供しているローン商品のひとつであるため、一本化を行うことはあくまでも借り換えをすることなので、債務整理と異なり信用力が傷つくことがありませんし法的なペナルティを受けることもありません。

 

タグ :

各ローン 借換・おまとめローン

自動車ローン審査通らない理由を考える~年収、他社借入状況、信用情報等


スポンサーリンク

必要な金額によって難易度は変わる

自動車ローンの基本として、自動車ローンで必要となる金額によってかなり審査の難易度が変わってくることを知っておきましょう。
 
これは自動車ローンの根本的な部分でもあり、やはり大きな金額を借りなければならないほど合格することが難しくなります。
 
逆に車を購入する資金の大半を貯金から用意出来ており、後少しだけ足りない、そんな状況ならあまり審査に落ちるという不安を感じる必要はないと言えます。
 
自動車ローンは審査においてチェック項目が色々とあり、それらのチェック項目の評価によって審査に落ちることがありますが、これを考慮する場合でもやはり必要金額から考えていくことが大事になります。

人気ある自動車ローン

・JAバンク大阪 JAマイカーローン(1.500%~4.625%)
・仙台銀行 マイカーローン(1.650%~4.800%)
・十八銀行 <18>カーライフローン車快人(1.900%~3.200%)
・横浜銀行マイカーローン(2.100%~3.900%)
・千葉興業銀行 ちば興銀マイカーローン(2.200%~2.900%)
・住信SBIネット銀行 MR.(ミスター)自動車ローン(2.180%~4.366%)
・東京都民銀行 マイカーローンII(2.350%~3.050%)
・京葉銀行 マイカーローン(2.350%~3.850%)
・静岡銀行 しずぎんマイカーローン(2.400%~4.400%)
・池田泉州銀行 マイカーローン(2.575%~2.875%)
(※実質年率)
 
一般的な収入を持っている人でも高級車を全額自動車ローンで借りるというならそれはやはり審査に落ちる可能性は高くなりますし、逆にアルバイトで生計を立てており、借りたい金額が10万など低い金額ならば落ちる可能性は低くなります。このように自動車ローンは借りたい金額によってかなり内容が変わってくることをしっかりと覚えておきましょう。
 
これを踏まえた上でチェック項目に問題がないかを見ていくことが大事であり、そうすれば合格を狙いやすいです。
 
 
スポンサーリンク



チェック項目はかなり多い

自動車ローンの審査においてチェック項目は細かいところまで考えるとかなり多くありますが、覚えておくべき項目は3つで良いです。
 
それは信用情報年収、そして借金(他社借入状況)の3つです。他にも勤続年数など、かなり細かいところは色々とあるものの、合否に大きな影響を与える項目はこの3つです。この3つの項目の中でも信用情報は目に見えないので、なかなか判断しずらいものがあります。
 
これは自分の過去における金融会社とのやり取りを思い出す必要があります。金融会社からお金を借りて数か月ほど延滞したことがあるかどうか、そして返済不能から債務整理をしたことがあるかどうか、こうした過去によっては信用がかなり落ちていることがあります。
 
信用だけは年収や借金とは違って、対処する方法がなく時間の経過と共に信用が戻ることを待つしかありません。
 
そのため、将来的に自動車ローンを組むことを検討している人は、もし今金融会社からお金を借りているならば絶対に返済を遅らせることが無いようにしましょう。返済日に遅れることがなければ信用を落とすことは無いので、特に何も問題はありません。逆に遅延することが多いと状況は厳しくなってしまいます。
 
 

年収と借金の関係を知っておこう

自動車ローンは借入する金額にもよりますが、アルバイトやパートでも組むことは可能です。
 
重要度が高い項目として年収と借金による返済能力について少し知識を持っておきましょう。年収は高い方が良いです。職業に関しては正社員の方が評価は良いですが、アルバイトやパート、派遣社員でも必要とされる年収を確保できるのであれば合格することは出来ます。
 
次に借金についてですが、借金は当然ながら持っていない方が良いです。借金を持っていると年収からの返済能力が低くなるので、不利になってきます。そこで、少しでも合格しやすくするために自動車ローンへ申し込みをする時までに借金を持っている人はその借金を出来る限り返済しておくようにしましょう。借金の金額が小さくなるほど合格しやすくなります。
 
また、借金を持っている人でも年収が高いならば特に問題なく合格を狙うことが出来ますし、一番良い状況は年収が高くて借金がない状況です。
 
こうした状況になってから申し込みをするだけでも、かなり合格率が高くなってくることを知っておきたいものです。借金を完済することが出来なくても、出来るだけその金額を減らすことを考えることはとても大事です。

 

各ローン 自動車ローン

1 33 34 35